子どもの皮膚カンジダ症湿疹をラベンダー&ティーツリーオイルで治す方法

医食同源オーガニックレシピBIOキッチンヨーロッパラベンダー1 

Yoshikoです、


このところ、課題に追われていたので、
少し息抜きさせてください♪ 笑。


娘にポツポツができました。


昨年は、ハチ、シラミ、マダニなどに刺され、
今年もそろそろ要注意と思ってました。


娘の顔にひとつ、
大きなニキビのようなものができ、
まさか3歳で?と思っていました。


母の帯状疱疹を、2回も
皮膚科のドクターより先に見つけた私です。


私の髪の毛が、
鬼太郎のように逆立つ
感覚を覚えました…。


「これは・なにか・クル」と。


笑。


最近、急に気温があたたかくなってきて、
妙に湿気を感じていました。


案の定、下肢に正体不明の
乾いたブツブツができました。


次におむつかぶれか、
蕁麻疹のような湿疹ができました。


幸い、娘は掻いてはいるものの、
あまり深刻ではなさそうだったので、


「これは様子をもう少し見るしかない…。」


と思い、念のため
「魔法のオイルだよ。」と言って
炎症を沈静化するラベンダー精油を
ぬっておきました。


それから2日後。


娘が「痒いの。」と
どこかをポリポリ掻いているのを見て、
あわててその手を留めて、見ました。


湿疹です。真っ赤になってます。
そして、水泡のような小さなブツブツが
”群れ”てできています。


もはや皮膚科受診レベルの湿疹でした。


「ちょっとまってて!」


急いで階段をかけおり、
Google検索しました。


湿疹 3歳 水泡


出てきた画像を見て、
これだ!と思いました。


皮膚カンジダ症です。


昨年のシラミ退治の時、
処方されたお薬で一瞬で手が荒れ、
途中からアロマテラピー用オイルに
切り替えた経験があります。


そこで、


皮膚カンジダ 精油


で再度検索をかけ、
対処法が分かりました。


そのうち、子供の皮膚に直接塗布できるのが
ティーツリーオイルと
ラベンダーオイルでした。


家にはフィトテラピー(植物療法)で
有名なドクターによる
「テガロン」を常備していますが、


これはブレンドされているので、
ひとまずラベンダーオイルを見つけ、
患部に塗りこみました。


数日前に手当したところは、
少し落ち着いているようだったので、
多分大丈夫だと思います。
治るのに2週間ほどかかるそうです。


アロマテラピー用のオイルは
日本でも購入できますが、
必ず100%天然のものを購入してください。


ラベンダーなら、ヨーロッパで1瓶10ユーロ、
日本なら2,000円以上が目安だと思います。
オーガニックなら、尚良いです♡


今日、改めて患部を見ましたが、
うんうん、良い感じ♪


カンジダは酵母カビの一種で
誰もが持っている常在菌です。


免疫力が落ちた時に出やすいそうなので、
ミミタンもしかしてお疲れ気味かな?
(そうは見えないけどね。)


多分、2週間もかからないと思いますが、
しばらく注意してあげることにしましょう。


そろそろシラミの季節なので、
うちのBIOラベンダーシャンプーにも
シラミよけ用オイルをブレンドしなければ。


シラミよけシャンプーのレシピも
そのうちUPしますね♡


私が自然療法とライティングを学んでいる先生も
自宅で何でも治してしまうので、
子どもたちはまだ一度も
病院にかかったことがないそうです。


自然療法に興味のある方は
1ヶ月の無料期間だけでも、
自然療法の考え方を学んで見るのも
良いと思います。


そして実際に先生の授業を自分で聞いて、
もっと勉強したい!と思った意識の高い方だけ
2ヶ月目に進んでください♪


アメリカ発!子どもを自然療法で守る健康アプローチ
今すぐ自分の耳で確かめる!

つづく


医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 
今すぐチャンネル登録する!
スポンサーサイト