クエン酸ががんに効く!?毎日のレモン&ライム水を徹底検証No.3

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

クエン酸ががんに効く!?毎日のレモン&ライム水を徹底検証No.3

クエン酸ががんに効く!?毎日のレモン&ライム水を徹底検証No.3

YOSHIKOです、

これまでにがんに効果があると噂される
クエン酸について、

細胞のミトコンドリア内の
「クエン酸回路(TCAサイクル)」の働きで
代謝を高めること、
そして乳酸の解毒に良いことを書きました。

ところで以前、偶然こんな事を話していました。
可愛いクエン酸にをもっとよく知る機会ですので、
まずは下のビデオをご覧ください。



Youtubeで観たい方はこちら

どうでしたか?
最後はびっくりするほど、
ピカピカになっていたでしょ!?
本当に私が家で洗ってるんですよ♪

焦げを落とす方法は
クエン酸・重曹・酢などがよく知られていますが、

アルミ製品の場合、
ph8.2の弱アルカリ性の重曹は
酸化アルミニウムで保護している
アルミの表面を変質させてしまいます。

そこで、通常ph2-3と言われる
酸性のクエン酸なら大丈夫という訳です。

今日の要チェック!

重曹=ph8.2:弱アルカリ性

クエン酸=ph2-3:酸性
→でも、体内をアルカリ性に傾けるアルカリ性食品

という訳で、
ここではクエン酸についての再復習でした♪

医食同源オーガニックレシピBIOキッチンヨーロッパレモン (↑家で生ってるレモンです♪)

そして、

クエン酸と腎臓&肝臓の気になる関係♡

は何かというと…まず肝臓ですが、

前回ちょっとだけ触れた、
「キレート効果」に隠されていました!
クエン酸とミネラル類を一緒に摂ると
ミネラル成分の吸収が良くなるのです。

本来、ミネラルは単体では
身体の中に吸収されにくいと言われています。

でもクエン酸がミネラル成分を包み込むことで、
身体は大好きな「クエンさんだ♡」と勘違いして
積極的に吸収しようとします。

結果、肝臓代謝の要である
カルシウム・鉄・リン・亜鉛・セレンなどの
ミネラルがより効果的に吸収されて、
肝臓の働きが良くなるのです♪

なので意識してクエン酸を摂ることは
肝臓病の予防にもつながります。

※クエン酸摂取量目安=1日2~5g
 =レモン&ライム各1個または
  レモンかライム×2個お好みで♡

次回は腎臓のことについて
詳しく説明しますね♪

================ 
(PR)病気にならない食べ合わせ
================

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 

FBページ「欧州子育て日記」
イラスト動画 "Draw My Life"

自己紹介

===

健康レシピ配本のお知らせ

当ブログで紹介した「健康レシピ」を
近々まとめる予定です。
(無料・PDF送付・先着20名様)

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

===

以下を参考にさせて頂きました。

・Patricia Riveccio, "Purge du Foie et de la Vesicule", Larousse, 2016.

・「クエン酸を身体に取り入れたい時におすすめの食べ物。」
http://link-on.us/eibf(2016-05-04)

・「クエン酸はダメよ~ダメダメ!安すぎて商売にならん!」

http://s.webry.info/sp/16296315.at.webry.info/201410/article_19.html(2016-05-04)


スポンサーサイト

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。