FC2ブログ

パリの商業発展の歴史は、ケルト系ガリアから

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原瑞穂の国、日本の神様(月讀命)に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

パリの商業発展の歴史は、ケルト系ガリアから

パリの商業発展の歴史は、ケルト系ガリアから

産業革命の副産物として、美術史の教科書に登場する重要事項:18世紀パリの「近代アーケード」。日本にも商業地区は古くからあったのですが…遡れば平安時代の「座」とか、むしろBtoC・ダイレクトマーケティング(笑)という意味では、16世紀の「市」の方なのかな^^??


ちなみにパリの歴史を調べてみたら、紀元前にケルト系ガリアの水夫が現ノートルダムの場所でケルト版スサノヲ、父神「ケルヌンノス」に祈っていた通り、「ケルトの野蛮人」とローマ人が蔑称したのが由来とか(笑)。パリは水路発祥なので、ケルトでも「海のケルト」ですね、ここも海人族です^^。



パサージュの位置

パサージュ詳細
スポンサーサイト
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本比較神話学会(旧日本ホリスティック教育学会) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。