FC2ブログ

【No. 6 現実の日本列島】

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原瑞穂の国、日本の神様(月讀命)に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

【No. 6 現実の日本列島】

【No. 6 現実の日本列島】
これまで、人類学と古代史、生物学的な概要についておさらいしてきました。では、ここで改めて日本国内で伝承されている神代の文化と紐づけしてみます。考古情報は日々更新されている最新の学問でもあるため、たった数ヶ月で情報が更新されます。
 

そこで、現時点での自分の中での論点:縄文文化(文明)は日本固有か?それとも大陸から来たのか?を一旦まとめておきます。
 

最終的な個人的印象として、「シュメール文明」は日本列島と限定せずとも、東アジア発祥なのかもしれないと思いました。
 

※以下、資料により若干年代のずれがあります。
 また、資料の全てを羅列している訳ではありません。
 「漏れてる!」と思ったらお気軽におしらせくださいませ♪

 
【日本列島】
※ただし国境は無かったので、人々は現在の日本列島外にも存在。
 当時居た集団が、現在は北上して移動した伝承は多々有り。
 

・熊本県深川村下里(しもざと)遺跡 十数万年前 石器
・島根県出雲市砂原遺跡      120,000~110,000年前
・長崎県平戸市           90,000年前 石器
・岩手県宮守村金取遺跡       90,000~50,000年前
・宮崎県後牟田(うしろむた)遺跡  80,000年前 石片
・明石               70,000~60,000年前 木片
・福岡県北九州市辻田遺跡      40,000~50,000年前 石器
・宮城県座散乱木(ざざらぎ)遺跡  40,000年前 石器
 

などなど、改めて調べてみると他にも多数ありました。
ただし、これは地球上どこでも同じです。人類の骨はもっと古かったです。
 

【人類化石】
・沖縄県島尻郡具志頭村港川 縄文人とは異なる集団
 5万〜1万年前の東南アジアやオーストラリア分布集団由来
・沖縄県山下町第一洞穴遺跡     32,000年前 現代新人に一致
・沖縄県ピンザアブ洞穴遺跡     25,800~26,800年前
・石垣島白保竿根田原洞穴遺跡    20,000年前
・沖縄県下地原洞穴遺跡       20,000~10,000年前
・静岡県浜北遺跡          18,000~14,000年前
・沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡   9,000年前
 他に愛知・長野など        9,000年~7,000年前
 

【稲作】
・中国上山遺跡    10,000年前
・岡山県彦崎貝塚  6,000年前(縄文時代です!念のため)
・岡山朝寝鼻貝塚  6,000年前
・中国河姆渡遺跡  5,000年前
・佐賀県菜畑遺跡  2,930年前
 

【ワイン】※『竹内文書』ではワインは日本発祥。
・アメリカジョージア 8,000年前(ネイティブ・インディアン)
・長野県井戸尻遺跡 7,000年前?
・イタリア 6,000年前→ケルトはもっと古いのでは??
・イラン 5,400年前(メソポタミア)

 
(Wikipediaより抜粋)
※古い情報です!「現生人類(ホモ・サピエンス)は7〜6万年前に出アフリカを果たし、それ以前にはアフリカ外には分布していなかった。従って、日本列島最古の石器(砂原遺跡の12万年前)を遺したのはデニソワ人などの旧人である。日本列島に現生人類が現れるのは4〜3.5万年前と考えられており、これは日本固有のハプログループD1b (Y染色体)の起源年代とおおむね一致する[25]。」
 

→これについては現在出アフリカの時期が180,000年前、アジアへの到着も80,000年前とと早まっています。山下町第一洞穴遺跡も32,000年前ですが現代新人に一致。
 

ただし、以下については科学的検証を元に導き出されたものと考えます。「日本固有のハプログループD1b (Y染色体)の起源年代とおおむね一致する」→4〜3.5万年前
 

論点は、ここからゆるやかに、もしくは突然、縄文時代が訪れたということにあります。
 

【無文土器】
 

・中国桂林廟岩遺跡、同柳州大龍潭遺跡 20,000年前 無文土器
・中国湖南省玉蟾岩遺跡18,000年前 無文土器  
・青森県大平山元遺跡 16,500年前 無文土器
・ロシアアムール川沿 15,000年前 無文土器
・日本全国土器普及  14,000年前
 

※中国大陸ですが、民族は日本祖人と同族である可能性はあります。
 

【縄文時代】 16,000年~2,300年前 縄文土器が現れる時代
 

・隆線文土器 14,500年前
 

・縄文文化的な型式の変遷が定着するのは草創期後半(約4,700年前)から。
 

とすると、縄文人と日本祖人は果たして同族なのか?という疑問も起こります。
 

【結論】
アイヌは縄文人直系の遺伝子。

文字は無かったとよく言われますが、実際には結縄や神代文字の線刻有り。文化と呼ばれるからには一定の多くの人数間で共有された技術や、コミュニケーション方法、信仰などがなければなりません。縄文時代は草創期後半から縄文様式が全国普及したことにより、それらが目で見て取れて変化した時代、ということになるのでしょうか。
 

【以下は個人的考察】
 

・カタカムナ文明 不明~12,000年前 神戸金鳥山付近 
 

のちに天孫族から攻撃を受けた国津系:
おそらくネアンデルタール+デニソワ+ホモ・サピエンス
 

(母系)北ルートモンゴロイド:L3としてエチオピア経由で出アフリカし、後に別れたMN系統のうち、
 

・M7a(4万年以上前に誕生したアジア最大の母系グループ。スンダランドもしくは南シベリア=デニソワ本拠地より到着、のちに日本からユーラシア大陸へ渡る。)
 

・N9b(基本的に日本限定)
 

(父系)
 

・D1b(日本固有種)38,000-3,7000年前
 

・C1a1(日本固有種)12,000年前
 

…と、いうことは、(母系先祖はL3で同じだが)母系N9bと父系D1bは縄文人の中の縄文人!?
 

カタカムナは八鏡文字に表される通り、陰陽思想及び九進法の文化であるから、私が考えるに「九=中庸」と考える日月の民、すなわち秦氏の祖先。
…かなり宇宙的思考回路の民と言える。
 

ちなみにケルトはこの時L3から東西へ別れた一方、もしくはアジア回りでヨーロッパに到着し、現地のネアンデルタールと交配した子孫の可能性。
 

ただし、ケルトの生活様式には、縄文もしくはシュメール文化が明らかに見て取れます。ということは、L3から別れたとしても、メソポタミア地方を経由していなければなりません。また「中央アジア」から移動してきた民族であることは分かっているのですが、それ以前があるのかどうかは不明です。
 

(ケース)
1,最寄りの出アフリカ(18万年前)→東アジア(8万年前)→ヨーロッパでネアンデルタールと混血
 

2,最寄りの出アフリカ(18万年前)→中央アジア→ヨーロッパでネアンデルタールと混血
 

3,どちらも
 

ということは、
 

問1:ヨーロッパにデニソワの痕跡があるかどうか?
   →スペインでデニソワの痕跡有り。
    シマ・デ・ロス・ウエソス(Sima de los Huesos)洞窟
 

以下、抜粋。
「スペインのミトコンドリアDNAが異種交配によってデニソワ人に受け継がれたとも考えられると、イギリス、ロンドン自然史博物館の古人類学者クリス・ストリンガー(Chris Stringer)氏は推測する。」
 

!?
 

とすると、
 

4,最寄りの出アフリカ→(18万年前)ヨーロッパでネアンデルタールと混血→世界へ~中央アジア!?超複雑。
 

「ミトコンドリアDNAの遺伝情報だけでは進化の過程までわからない。デニソワ人の全ゲノムを解読できれば手掛かりが得られるだろう」と同氏は期待している。
 

結論:ヨーロッパと南シベリアに住んでいたデニソワ人情報を待つしかない。
 

ケルトの場合は:
最寄りの出アフリカ→(18万年前)ヨーロッパでデニソワ及びネアンデルタールと混血→さらに中央アジアから来たシュメール文明を持つ人がヨーロッパで混血と考えるのが自然か。また後世になって、スキタイ~新羅経由で渡来したという説もあり。古代からお互いに世界中で交配していたと見るのが自然でしょう。
 

新羅と大和朝廷
 

(中央アジア周辺)

 
【中石器時代】
・テル・アブ・フレイア 11,500年前 ユーフラテス川上流 狩猟・農業+放牧・漁業+土器+機織り
 

・ムレイベ 10,200年前 ユーフラテス川上流 狩猟・農業+放牧・漁業+土器 ビーズ・女神像
 

【新石器時代】
 

・テル・ハラフ 8,000年前 大地母神崇拝・印章・農耕・彩文土器など・ウバイドへ継承 新ヒッタイト文化
 

・ジャルモ 7,090年前 オークの森どんぐり文化 黒曜石・土器・農耕・大地母神崇拝
 

【ウバイド文化】7,500年前「肥沃な三角地帯」へ移り住んだ時期 ウルクへ継承
 

【ウルク期】7,000年前 
(すでにいた神)創始者:太陽神シャマシュ+エアンナ(イナンナ)王朝
つまり、すでにエンキとエンリルの双子の孫の代!天神アンのひ孫の代。
彼らがどれだけ長寿だったか知りませんが、一代約3,000年くらいでしょうか。
とすると、およそ12,000~10,000年前?
 

【前提】
縄文=シュメール文化は同系統
 

14,500年前(隆線文土器)VS11,500年(テル・アブ・フレイア)
 

【素朴な疑問】
じゃあ、彼らはどこから来たの!?日本列島と限定せずとも、東アジア発祥??
 

…続きます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本比較神話学会(旧日本ホリスティック教育学会) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。