ドイツナチ軍時代の、ヒトラーの金塊またも発見!

gold 
画像転載:@Peoples_Digest

YOSHIKOです、

「ヒトラーの金塊」の話は
都市伝説のひとつとして、
密かに語られていたのは知っていましたが、

真実だったなんて、
本当に驚きですよね!

FBでシェアした記事への
リクエストを頂きましたので、

前回に引き続き、
こちらも日本のみさなんに
シェアしますね!

今回もフランス語の記事でしたが、
元記事はイギリスのDaily Mailでしたので、
英語からざっくりと要約します。

今回は、密輸中の貨物船が
当時、イギリスに見つかったために、
ヒトラー自身が沈没の
命令を下したもののようですが、

調べてみると、昨年、
ポーランドからも発見されていたという
記録がありました。

ナチ軍の特殊部隊や
科学者などは、
かつてのCIA以上に
特集能力開発を施したり、

アメリカもドイツも
第二次世界大戦中から
すでにUFOを作っていて、

日本に飛んできていたという
有名な話もあります。

DNA鑑定で別人と判明したため、
ヒトラー本人は、彼が持つ情報が
欲しかったアメリカにより、
本人はアメリカに送還されたとか、

南米に逃れたなどの噂も絶えず、

現在のドイツのメルケル首相のお母様も、
最愛のエヴァ・ブラウン女子の実妹、
グレーテル・ブラウンであることまでは
分かっているようですね。

そもそもヒトラーが影響を受けたのも
神聖卍と「逆向き」の
ハーケンクロイツが象徴している通り、

アッシリア・ローマ・アーリア系の
残酷系神秘主義、つまり
悪魔崇拝主義ですから、

元々画家を目指していたヒトラーが、
ふとしたことから政治に転身し、

さえない下級党員から
ナチ軍のリーダーに
のし上がるまでのストーリーは、

同じ芸術家として、
興味深いものがあります。

芸術家の一般的なイメージと、
ホロコーストの残忍さが
どうしても私の中で
結びつかないからです。

「ど・ど・どうして!?」

という、笑。

とはいえ、
ヨーロッパではナチ党の存在は、
当たり前のように現役で、

ちょうど今、世界中そして
日本でも復活中ですから、
いやはや、
 
「だって知らなかったもーん♪」

などと言って、
目が離してはいけません。

私は個人的に、
ナチ思想が現役であるという
ヨーロッパ人の政治感覚に
何より一番驚きましたけどね、笑。

つまり、

ナチ軍がユダヤ人を虐殺しては、
毛髪や油まで搾り取って
売りさばいていたように、

私たちは少なくとも
ユダヤ教やイエスを大弾圧した
古代ローマの時代から
何ら、変わっていないのです。

宗教戦争は間違いなく、
これまで一度も終結したことがない、と
個人的には考えます。

だからこそ、
彼らの弾圧から逃れて、

預言者イザヤに導かれ、
アークを載せたタルシン船が
落ち延びた東の国はどこなのか。

また陸路では
わざわざ10世紀近くかけてまで、
はるかシルクロードを通って
東の島国を目指し、

「秦氏」となって
「理想の神の国」を建国した
本当の古代ユダヤ人が、誰であるか。

世界の平和を考えた時、
私たち日本人に与えられた
役割は何かということに、

自ら気付けるというものでは
ないでしょうか。

タイトル:Treasure chest with £100MILLION of Nazi gold is found by a British crew in the wreck of a ship deliberately sunk by Hitler to avoid being captured

要約:100万ポンドのナチ軍の金塊発見!


(Google翻訳)
英国の宝探し団体の一団は、アイスランドの海岸に沈没していたドイツの貨物船から、ナチスの金に1億ポンド相当の金塊をを発見した。
英国に本拠を置くAdvanced Marine Servicesは、1939年に沈没したSS Mindenの郵便室に、南米の銀行から送られた、金と思われる有価金属を4トンを収容する箱を発見した。
この金は第二次世界大戦が始まった直後にドイツに向かい、1939年9月24日にアイスランドから南東に120マイルで沈没したときに、船に乗っていたものと考えられる。

・英国に拠点を置くアイスランド出身の宝探し隊員が「SSミンデン」に乗った箱を見つけた。
・この箱は、第二次世界大戦から金と思われる有価金属を最大4トン含んでいます。
・この金は、1939年に船が沈んだときにドイツに向かうと考えられていた。
・船舶の穴を切ってボックスを取り外す高度な船舶サービスを希望する。

ーーー

FBページ「日本ホリスティック教育学会」【新設しました!】

自己紹介【更新しました!】


===

「ヨーロッパ発!美味しいオーガニック料理のレシピ」をプレゼント!

当ブログで紹介したオリジナル・レシピを
近々まとめる予定です。
(約31レシピの電子ブック・先着20名様・無料 )

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

※現在、編集作業が遅れています。
 かなりのボリュームになりそうですが、
 少しお時間を頂戴していますので、
 ご了承ください。

===


スポンサーサイト
 タグ
None