二ニ(フジ)は晴れたり、かごめ唄~♪

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

二ニ(フジ)は晴れたり、かごめ唄~♪

ニニ(フジ)は晴れたり、かごめ唄~♪ 

欧州子育て日記 

YOSHIKOです、

日本は「特殊な国民性」を
持っている国だと思います。

日本人の選民意識と優越感を
くすぐるわけではありませんが、

非常に、と強調しても良いくらいに、
とにかく素晴らしいのです。

これまで30カ国以上を
スナフキンのように
ゆるめの旅をしてきましたが、

日本みたいに、
庶民の平均レベルが高い国は、

世界中どこにもないです。

その意味では、

日本人=宇宙人

というトンデモ説でさえ、

「そうだよね~。」

と、

アッサリ受け入れたくなるほどです。

憧れのパリジェンヌも
遠目で見れば素敵ですが、

せっかく長いネイルで、
電卓をたたいても、

計算が間違ってます(笑)。

日本では庶民が日常的に
美術館に足を運んでも、

あくまで普通の感覚として
みんな捉えるし、

はたまた江戸時代には
庭先で箱庭を作ったり、

園芸を楽しんだり、

縁側で風鈴や虫の音を愛でたり、

自然との対話する
独特の空気感と、
湿度があります(笑)。

さらにそれが、
国民全体を通して
潜在意識・顕在意識共に

日本人共通の記憶

として、共有されています。

今でさえ、
そうなのだから、

戦勝国による
戦後リベラル教育(3R-5D-3D-政策)を
施される前の日本人は、

もっと冴えていたに
違いありません。

でも最近は、
私たちの親の世代でさえ、

これらの記憶が
おぼつかなくなって
きています。

私には大正生まれの
祖母がいますが、

世代間ジレンマというより、

戦後教育のなせる技で、

年を取るにつれ、
同世代メンバーが少なくなると、
だんだん家族と些細な考え方が
合わずに孤立してきて、

子供と孫世代  祖父母世代 

の割合が、ついに

多数 対 自分一人

になってしまい、

古い価値観を
みんなから笑われ、

「あなた達にはわからん。」

と、反論さえせずに
口をつぐんでしまいました。

それとまったく同じ経験を
若くてもできてしまうのが、

私たち海外邦人の良いところです。

基本的に周囲は全員外国人。

価値観も違うので、
自然に孤立して、
自分と向き合わざるを
得なくなります(笑)。

しかもまだ若いので、
一応、まだ活動できる(笑)。

私の場合は専門が美術だったので、
若い頃から無条件に

「芸術の都、パリ」

に憧れていました。

また英語留学のために滞在した
カナダの大自然も
大好きだったんです。

でも、

これまでごく普通に
周囲にあったものが

ここには無い。

と気づいたとき、

例えようのない
強烈な後悔を覚えました。

私が無くしたもの、それは―

日本文化です。

日本にいた時の
あの空気感と湿度感、

まるで空気のように
これまでの私を取り巻いていたものが、

ここには無いんだ。

と失ったものの大きさに
はじめて気付いた時、

日本の社会に文句ばかり言って、
せっかく憧れの西洋に
はるばるやって来たというのに、

私はヘナヘナと
地べたに座り込みそうに
なりました。

そうなると今度は
その喪失感を補おうと、

人は自分の中に
日本を作り出そうとします。

ミラノで41年間過ごした
私の先生も、

誰に習わずとも
自分で書を模写し、

剣道に精を出すように
なりました。

(でも日本でやっているところは
 見たことがありません、笑。)

そうやって、
私たち在外邦人は誰しも、

日本を出てはじめて、
日本人になります。

仮にもし、そんな喪失感を
全く感じない人がいるとしたら、

それは残念ながら、

本当の日本文化と触れ合う機会を
与えられなかった日本人です。

そういうタイプも
トロントで沢山見かけました。

私の同世代を含め、
(そして私自身も含め、)

日本のことを知っている
日本人がいない

のです。

それに気付いたとき、
ハッとしました。

動かせない現実に
気付いてしまいました。

海外、特に北米では
日本人女性に多いのですが、

「日本なんて気にしない」

派の人も結構います。

自分が日本人であることも、
できれば忘れたいようです。

ですが、
そんな典型的に
日本を否定する人に限って、

必要以上に攻撃的です(笑)。

私にはルーツを喪失して、
迷っているようにしか
思われません…。

ですが…

ハイ、まったく
余計なお世話です(笑)。

これまでの人生で
何があったのか、
それを知るよしは
ありませんから…^^。

私だって、
日本で良いことばかり
だったわけでもありません。

偉そうに書いてますが、

日本について、
私にだって説明できないことも
沢山ありました。

カナダ留学中、

たまたま日本滞在歴20年という
日本について大ベテランの
カナダの人の方と親しくなり、

パーティなどで
ご一緒する機会が多くありました。

そして日本のことを知らない
普通のカナダ人からは、
何気ない、
無邪気な会話の中で、

太平洋戦争中の天皇責任や、

日本人がなぜクジラを捕るのか、

また、

南京大虐殺についてのことなど、

色んな説明を求められました。

彼女は私が説明できないことは
十分承知していたので、
(日本人をよく知っている、笑。)

いつも彼女が代わってくれ、

ふんふん、そうか~!

と、隣で他人事のように
うなずいていただけでした(笑)。

そんな呑気すぎる私は、

着物の前身ごろの
左右の重なりの間違いを、
指摘されてしまったこともあります。

これはかなり、
恥ずかしいですよ(笑)。

そんな体験をしたからこそ、
日本についてのトピックに
敏感にも敏感になりました。

「次に聞かれたら、
何て答えようか。」

そのつもりで、
周囲の出来事を観察するように
なったのです。

でも、そんな経験でもなければ、

日本のことなんて、
当たり前すぎて、

自分の国について考えることなんて、
きっと無いまま
過ごしていたでしょう。

むしろ、

まだ240年前の
明治の開国当時のように、

「西洋列強に続け!」という
「富国強兵」マインド

を、今もひきずっていたのかも
しれません(笑)。

その後、
着付けを習いに行った先の先生は、

なんと海軍中尉のご令嬢で、
現在は九州大学病院の
偉いドクターの奥様。

夫婦揃ってのマージャン好き

という、

ユニークで、
パンチが効いた
素敵な先生でしたが、

「パリに行って、私、
な~んだと思って
ガッカリしたんです。」

と仰っていて、

さすが、

分かる人には
分かるのだな~と

と思いました。

私は「パリ」と聞いて
舞い上がっただけだったのに、

さすが、違いがわかってるな~と(笑)。

そして日本の良さに
気付いてもらうためにも、

ぜひ日本人には
どんどん海外旅行に行って、

日本とは違う
非日常の暮らしを
目一杯楽しんで、

良いところも悪いところも
全部観てもらいたいです^^。

『日月神示』の
日月の神様(大国常立尊)も、
こんなことを仰っています。

===

悪の仕組は、日本魂をネコソギ抜いて了って

日本を外国同様にしておいて

一呑みにする計画であるぞ

日本の臣民、悪の計画通りになって

尻の毛まで抜かれていても、まだ気づかぬか


「磐戸の巻第十帖」『日月神示』第八巻

===

今の私は、
まだまだ未熟者のくせに、

その「尻の毛」1本1本までが
見えすぎて(?)

気になって気になって
仕方ありません(笑)。

子供時代を思う「かごめ唄」

ところで「かごめ唄」は、
なんだか子供時代の感覚を
妙に思い出す旋律というか、

よく考えると訳がわからない
歌詞の不思議さもあいまって、

つくづく不思議な唄ですよね。

だからこそ、

実に沢山の人たちが
それぞれで解釈を試みています。

それなら、私もいっちょ!

という訳で、

ちょっとした遊びですが、
ここではあえて、

「怖くないかごめ唄」

の、YOSHIKO流解釈を
紹介します。

一時期、オカルトチックに、

「本当は怖いかごめ唄…(ドロドロ)」

のようなタイトルで、
TVでよく取り上げられたことが
ありました。

でも、

怖いことなんて、何もないです。

一体何の唄なのか、
その正体が

「分からない。」

と思ってタブー視するから、
怖くなるんです。

そして
私の読者のあなたなら、

すでに

「古代イスラエル人渡来説」は
頭にあるもの

として、
さくっと行きますよ(笑)。

こんなの単なる
歴史の1ページであって、

いちいち大騒ぎするほどの
ことじゃないです。

まず「かごめ」についてですが、
これを漢字で書くとこうなります。

籠目

まさに下の写真のような
「籠」の「目」のことですので、

全体を考えると
「フラワーオブライフ」


欧州子育て日記 


のようになりますが、

「目」ですから、
一単位で表すとこうなります。

欧州子育て日記 



某ケチャップ会社などは、
当然、そのルーツが
渡来系だったことを

名字の中で伝えている訳ですよね。

また”籠目さん”でなくても、

渡来系の名字は、
史記に記録として
残っており、

「そんな個人情報、いいの?」

なーんてことを心配しなくても、

割とはっきり分かっています。

だって書いてあるから(笑)。

姓名だけでなく、
家紋としても、
同じように
伝わっている家もあります。

例えば晴明神社の社紋も
「五芒星」であったり
するわけなので、

「六芒星」だからって、
特に珍しくも、
特別な訳でもありません。

ここでは、単なる
「六芒星」という名前の
シンボルマークです。

いちいちタブー視して
ビビってる方が
おかしいでしょ。

私たちが学生の頃は、
同和問題にかなり力を入れて
教育を受けた世代ですが、

それだって元を辿れば、

倭政権の確立のため、
惨殺、そして排他されてしまった、
縄文コミュニティの子孫ですよ。

だから政権側が
タブー視したかっただけなんです。

都合の悪いことは
誰だって掘り返したくないでしょ(笑)。

結局、生命には上も下もない。

世界は広いんですよ。

シルクロードがあるのですから、

当然、海の道は
もっと開けていたのであって、

いまさら、

日本人=単一民族

なんて妄想も捨ててください(笑)。

それこそ、70年以上も前の
戦時中に植え付けられた
古いプロパガンダです。

実際、こうして私も
ヨーロッパにいる訳なので(笑)、

古代であっても、
彼らは「海人」と呼ばれるくらい
航海術に長けていたのであって、

人・物・文化・文明の
交流があるのが、
当然で自然なことです。

つい産業革命前まで、
実際に世界中が、
もっぱら水路を渡っていたのです。

それを現代人の物差しに
すべて当てはめようとするから、

頭の固い先生方の
先入観や主観が入ってしまいます。

私の海外暮らしも
もう10年になりますから、

芸能界の顔ぶれを観たり、
電車に乗った時などは、
なんとなくそれぞれの持つ背景が
直感で読み取れることもあります。

日本は多民族国家です。

でも自分だけは純血種!

と思いたいのは、
まあ、日本に限ったことでは
ないですけどね(笑)。

イギリス人も、
イタリア人も、
ドイツ人も、

「自分のルーツは生粋!」

と思いたいのが人情です。

ところが、
近年のDNA解析は優秀なので、

実は嫌いだと思っていた
敵対国の血が、

本人の予想にかかわらず、
40%以上も含まれていたり…

ということが、
実際によくあります。
(そういうビデオをYoutubeで観ました。)

「人類、みな姉弟」

という言葉も、
あながち外れていないのだと
感じます。

また、

私はあなた

あなたは私

という言葉も、
真実を言い当てていると
思います。

要はそれくらい、

世界中の人が、
意外と近い関係にあるということです。

本当に、

世間は狭い

のです。


「かごめ唄」であそぶ

これらも踏まえた上で、
私流の解釈で説明しますね。

まず、歌詞ですが、
分かりやすいように、
漢字で書きます。

===

籠目

籠目

籠の中の鳥は

いついつ出やる

夜明けの晩に

鶴と亀が統べった

後ろの正面、だぁれ?

===

これらをまず、
細かい接続語は抜きにして、

グーグル検索キーワード的に
キーワードを抜き出したのちに、
再構築していきます。

※これは私の長年の
 外国暮らしで培った
 翻訳技術です、笑。

すると、
以下のように捉えることが
できます。

===

イスラエルの民よ、

イスラエルの民よ、

封印された鳥=神は

いつ明かされるだろうか、

日出(ひいづ)る国と日降(ひぶ)る国、(つまり東と西)

鶴=鳳凰=朱雀(つまり南)

亀=玄武(つまり北)

が交差する時、

そこに在るのは、

私、天之御中主(ヤハウェ・豊受大神)だよ。


だって、真ん中なんだもん♡

===

という訳で、

天之御中主(アメノミナカヌシ)は、
宇宙のすべての根源神であり、

天空の真ん中、ということで

天皇家の北極星(と北斗七星)信仰にも
繋がるのですが、

実際、北極星は
時代により変わりますので(笑)、

常にポラリスという訳では
ありません。

だから「北極星」というよりは、
むしろ「天空の中心的存在」、

三次元世界で例えるなら、

陰陽が二極に別れる前の中庸

仮に男女で例えるなら、

出雲系縄文神イザナキイザナミであり、

スバル(牡牛座プレアデス)式では、
出雲系縄文神
スサノオクシナダヒメ

シリウス式にいうと、
こちらも出雲系縄文神
男神天照(アマテル=ニギヤハヒ=彦星)と
瀬織津姫(セオリツヒメ=織姫=龍)

としての一体神。

数字であればゼロであり、

場所として例えれば
生命力の根源、
イヤシロチでもあります。

※瀬織津姫=世界の地母神
 (ギリシャ語でセオリオス)

 シュメール神話のナンムまたはキ(アンツ=アントゥ=ニンフルサグ)
 エジプト神話のイシス=アセト=ソプデト=ソティスなど

 日本式なら白山菊理媛=十一面観音菩薩=妙見菩薩=弁財天などなど
 
 ただし瀬織津姫は持統天皇の代に
 女系天皇の正当性を示すために
 政治上封印され、

 女神としての「天照皇大神」に
 書き換えられているようです。

 現代の私たちは
 「天照皇大神」という衣を着た
 瀬織津姫を拝んでいるのかも
 しれません。
 
 …でも、お気づきのように、
 根源神=男女一体神ですから、

 天照皇大神だけでは、
 日本という国を治めるには、
 バランスが悪いのですよ。
 ちゃんとペアにしてあげないと…^^☆

 もしくは根源神そのものを
 表に出して祀るか、ですが、

 この時代まで、
 表に出られない深い事情が
 あったようです…。

===

私も2015年11月14日以来、
何かに導かれるように、
毎日1日3時間勉強が
続いていますが…

色々勉強して
最近気がついたのは、

みんな色々言ってるけれど、

結局…小さい頃から
アメノミナカヌシ(光の玉)が
指導霊をしていたという、

斎藤一人さんが一番正しかった!

ということでした。

↑ オチです。笑うところ(笑)。

さすがはあの
松下幸之助さんさえも超える、

日本一の納税者

だけのことはありました~☆

(PR)こちらもおすすめ!
========================
主食はニンニク
今すぐクリック!

今すぐクリック!
========================

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 

FBページ「欧州子育て日記」

FBページ「日本ホリスティック教育学会」【新設しました!】

自己紹介【更新しました!】

イラスト動画 "Draw My Life"

FBの友達、フォロー大歓迎!
https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92

===

「ヨーロッパ発!美味しいオーガニック料理のレシピ」をプレゼント!

当ブログで紹介したオリジナル・レシピを
近々まとめる予定です。
(約31レシピの電子ブック・先着20名様・無料 )

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

===
スポンサーサイト
 タグ

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。