人災だったフクシマ原発~フランスのarteTVで放映されたNHK特集より

YOSHIKOです、

原稿執筆中で忙しいですが、
少しだけ時間を取ります。

なぜなら、

未熟な人類による核使用反対への
意思表明をしておきたいからです。

私たち「ライトワーカー」と呼ばれる
地球環境ボランティアにとって、
最重要事項のひとつだと思われます。

生まれついての絶対自然主義者である
ライトワーカーは、
地球上に14万4000人いるとも
言われます。

そのうちの多くを、
実は私たち「日本人」が
占めるのだそうです。

なぜ「日本人」なのかは、
諸説ありますが、

世界に出て初めて、
「日本人」の特異性に
はたと気付くものなので、

世界における日本人の役割が
大きいというのを、
私には素直に現実と感じられます。

関連書籍としては
『竹内文書』や『日月神事』などが
挙げられますが、

日本の縄文時代に起源がある
古神道の考え方で、

私たちには
ただ、見ているだけという
傍観者でいることは、
許されません。

罰はありませんが、

まずは気がついて、
実際に行動を起こすまで、
神様からかなりお尻を叩かれ続けます。

私もそんなのんびりした
一人だったかもしれません。

もともとは私の性格上、
個人事業主とか、
組織の単なる歯車でしかない人生と
違う生き方を模索していただけで、

まさか自分の役割が
日本とか地球とか、
そんなに大きなものに繋がるなんて、
思ってもいなかったのですが、

ホリスティックだからと言って
理屈云々が通じる
甘い世界でもないので、

宿題だけ、ここにこっそり
提出しておきます、笑。

※意味の分からない人は、
 多分14万4000人に含まれないので、
 安心して抽象的な部分は
 読み飛ばしてください。

昨日は東北大震災から
ちょうど4年目を数えた日でした。

こちらでもフランスのTV
arte(アルテ)局で、
過去に日本のNHK特集で放映された
翻訳ヴァージョンが放送されました。

フクシマ原発事故の
報告書に基づいたドキュメンタリーです。

それを観ていて、
私は冒頭から思わず、
えっ…!と言葉を失いました。

NHKスペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」

日本ですでにご覧になった方も
おそらく沢山いらっしゃるでしょう。
(そうであることを望みます。)

ところで、

チェルノブイリ原発事故の真相が
明らかになったのは、
原発事故からおよそ30年後でした。

ですからこの記事も、
それを前提に読んでいただく位で
丁度良いかなと思います。

臭いものに蓋をするのは
何かと得意な日本人ですが、
私たち子育て世代が直視できずに、

一体誰がこの教訓を
次の世代に伝えるのでしょうか。

これを見る限り、
ナガサキ・ヒロシマに続いて

第三の核被害をもたらし、
世界に「フクシマ」の名を知らしめた
福島第一原発事故は、

東北大震災という
「天災」がきっかけとなった、
「人災」事故であったようです。

でも私にとっては、
国土が焦土と化すのなら、
天災も人災(戦争・原発)も
同じことです。

当時はこのニュースを見るのが
本当に辛かったです。

連日ニュースのトップに
「フクシマ」の映像が流れ、

官僚たちによる
いかにも「嘘」と分かる
日本国民への情報操作の模様を、
刻々と目の当たりにしました。

報道のたびに
ヨーロッパ人の家族には
TVの前に呼ばれ、

一方で、こちらでの報道を
日本の家族に伝えると、

外国にいるのに、
日本の状況が分かるはずがない!
どうしてそんな事を言うのか!

と怒鳴られ^^;、

いくら東電や政府が
何事も無かったのように
ふるまおうとしても、

そして一般の人達も
表面上はそれを信じていたとしても、

フクシマの内容に触れれば
一発触発という、

当時の緊張状態は、
やはり平常では無かったと思います。

私もちょうど
第一子を妊娠したところでしたが、
愛おしい彼女と、この三次元の世界で
触れ合うことは叶いませんでした。

が、これも3分の1の確率で起こる
自然の摂理だということを、
私が不勉強で知らなかっただけです。

家族の絆は今もちゃんとあります。

だって、ミミが「超」活発で、
次女でしかありえない!笑。

自然の摂理は不思議です。

さて、そんな自然の摂理に逆らっての
原子力発電ですが、

原子力でなければ
必要量が供給できないなんて、
そんな電力会社や政府の話は嘘ですから、
鵜呑みにしないでくださいね!

電気供給量の問題は、
エジソン式の直流でなくて、
ステラ式交流にすれば、
一発で解決します。

どこかの誰かさんの意図があって、
わざわざ非効率な方法を
私たちは取らされているだけです。

そしてまだ私たち人類は、
核エネルギーを正しく扱えるほど
成熟しきれていません。

ダイナマイトが
発明者の意図に反して、
戦争に使われているのと同じです。

よく天使とか悪魔とか言いますが、
小さい頃読んだ絵本で学んだように、
それは私たち一人ひとりの
心の中に棲んでいます。

もちろん、核兵器保有国でない
日本の場合にも、

万が一の場合には
素早く対応可能であることを、
諸外国に対して示すという、
潜在的な役割も果たしています。

なので賛否両論あるのは
私も理解できるのですが、

今回のフクシマでの原発事故では、

私たちの現代科学への盲信と、
核を管理できていると思い込んでいる
人類の未熟さを露呈してしまいました。

TVで観た内容を元に
簡単に書いていますので、
細かい間違いがありましたら、
申し訳ありません。

この記事を元に、
疑問点がありましたら、
今度はご自分で
調べてみてください。

まずは、

1,東北大震災による津波に起因した
供給電源の喪失。

しかも海沿いなのに、
想定外の津波とはいえ、
発電所は何故か地下に設置。

その後当然海水が流れ込み、
発電機が機能停止。

そして、

2,電源喪失なんてマニュアル外

だったので、

管制室は落ち着いて
対処しているようでいて、
実際には全ての職員の頭の中は、
地震でパニック。

そんな中、

これを切られることはありえないという、
原子炉の冷却用水の
自動セキュリティシステムのレバーが、

3,なぜか職員の判断により
カットされてしまう。

※以下、写真はすべてarte画面を撮影したものです。
欧州子育て日記 
そして冷却用水が抜け始めるが、

このように電源を喪失した非常時にも、
冷却水を供給できるはずの
コンデンサーが動いていなかった。

なぜなら、

電源喪失時には、
手動で水道管のバルブを
開けなければならなかったから!!

4,コンデンサーの製作会社による
マニュアルには、
きちんと説明されているのに、
フクシマの安全マニュアルには、それが無かった…。

数時間後、ようやく職員が
手動でバルブを開ける必要性に
気付くが、

5,現場確認に行った職員は、
すでに計測された放射線量が高かったため、
そのまま引き返し、
誰も見に行くことが無かった。

欧州子育て日記 
ようやく簡易式発電機により電源を確保、
コンデンサーが稼働し始めるが、

欧州子育て日記 
6,実は冷却用水を測るための
計測器(ジョージ)が示していた水位が、
実際よりも200メートル上だったため、
状況の把握ミスがあった!!

欧州子育て日記 
これはジョージの設置高度と
実際の水位高度に差があったためで、

実は同じケースでの計測ミスは
過去にアメリカで事例があったことから、

7.福島第一原発でも可能性を把握しており、
設置の際、業者にも指示していたが…

実際には誤差があり、状況の把握が遅れた。

これも時差はあるが、業者による
人為ミスであることには変わりない。

そもそもこの事故まで、点検の時
誰も何年も気づかなかったという
事実も怖い…。

IMG_0551.jpg

冷却用水の高度メーターが
どんどんあがっていくのを見て、
職員がようやく気づいた頃、

8,やっと職員たちは
自分たちの置かれている状況が
非常事態であることに気付く。

欧州子育て日記  
そして悪夢の午前1時9分50秒、

9,臨界点に達した炉心は、
地球の火山のマグマの約2,5倍の高熱で
メルトダウン。

欧州子育て日記 
その後、原子炉の格納施設が
水蒸気爆発。

チェルノブイリの二ノ舞になることだけは
避けるために、

10,原子炉内部の蒸気の排出を判断。
フクシマは自ら
放射能を大気中に逃がす選択を
取らなければなりませんでした。


欧州子育て日記 
これは自衛隊のヘリコプターより
撮影された当時の上空写真です。

欧州子育て日記 
いかに私たち人類は未熟な生き物であるか、

そして現代科学への過信の末に
待っているものは何か、

少しでも伝わるものがあれば
幸いです。

東北大震災自体は、
そもそも天災ではなく人災だと
いう声もちらほら聞こえます。

普通の一般人である私には、
何が真実なのかを
推し量ることはできませんが、

そんな私たちへ、
日本神界から
「予言」と受け止められる事柄を
読み物として読んだ時、

次に生き残れるのは3分の1…

なんて、驚くような
ご神託もあります。

それでも、

「今」の私たちのひとつひとつの
行いによって、
未来もより良い方向へ
導けるものだと思います。

「そんなの信じられない!」
「怖い!」「気持ち悪い!」で
片付けるのでなく、

私たちに少しでも
真剣に考えてもらえるように、

神様も少しだけ、
確信犯的に情報操作することが
あるかもしれませんし、ね^^。

(PR)こちらもおすすめ!
===============
主食はニンニク
今すぐクリック!
===============

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 

FBページ「欧州子育て日記」

FBページ「日本ホリスティック教育学会」【新設しました!】

自己紹介【更新しました!】

イラスト動画 "Draw My Life"

FBの友達、フォロー大歓迎!
https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92

===

「ヨーロッパ発!美味しいオーガニック料理のレシピ」をプレゼント!

当ブログで紹介したオリジナル・レシピを
近々まとめる予定です。
(約31レシピの電子ブック・先着20名様・無料 )

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

===
スポンサーサイト
 タグ
None