X-POWER 第34話「子ども健康法」授業サンプル音声 遂に公開!

BIOレシピビオキッチンヨーロッパ子ども用

うちにはもうすぐ3歳半になる娘がいます。

まだまだイヤイヤ期なので
自分の感情をコントロールできずに
大変な事もありますが

これも自分と向き合って欲しい!という
サインかなと思っています。

3歳でも大人と対等に
親子ゲンカもしますからね^^!

それでも

毎日元気に家の中をとび回ったり
足元にまとわりついてきたり
小さな身体で一生懸命
生きている事を表現してくれて

可愛いです。

親子ならではの愛情のつながりを感じます。

小さな身体の内に秘めた
日々成長しようとする大きなパワーを
全力で守りたいと思います。

私達への信頼のまなざしに
応えてあげたいと
心の底から思います。

私は娘を持ってから
「永遠」の意味が理解できるようになりました。

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり。


この世に形あり存在するものは
いつか必ず滅んでいきます

例えば博物館の学芸員という仕事は
資料の滅びの進行を
できるだけゆっくりスローダウンさせてあげる

そういう仕事です。

授業の中で学んだ
病気から死への進行を
できるだけゆっくりスローダウンさせてあげる
ドクターの仕事にも似ています。

それが物でも身体でも
魂を持っていても持っていなくても
この世に形として存在するものは
すべて滅ぶのが自然の摂理であり

それが神様からの
福音でもあります。

ある日新聞の記事に
「人は死ねるようにプログラミングされている」
というものがありました。

死を研究する科学者の言葉に
私はなるほどなぁと思いました。

ガリバー旅行記を知っていますか?
ガリバーが小人の国へ行って
地面にはりつけられたり

老人になった上に
年齢をいくら重ねても
人が死なない国へ行ったりする話です。

人間が不老長寿を願うのとは裏腹に
その国の人々は
いやというほど老いの苦しみを直視させられ
苦しみもがいているという話でした。


今なら若返りデトックスや
医療の進歩などで
ガリバー旅行記の書かれた時代とは
少し違う未来を思い描けるかもしれませんが

基本的に
この世に存在するものが
いつか無くなるのは不変の真理です。

学芸員として「資料」を扱っていると
環境さえ整っていれば
ある意味「物」の方が長く存在し続けられる
ということも見せつけられます。

ある日、6世紀の木簡が
遺跡の泥の中から見つかったりするからです。

でも夫婦や親子の「愛」は
この世に形としては存在しない前提です。

それでも今この瞬間に感じる愛情や
やわらかく温かい手のぬくもり
泣きながら見つめられる瞳の中の光

そういう瞬間瞬間が
とても確かなものに感じられます。

「永遠」も「愛」もこの世に単語が存在するものは
本当に「ある」のだと感じます。

”私は「ある」”

そう話したという
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、
そして神道に共通する「神様」が
本当にいるかどうかは判りません。

スピリチュアルには感心がありますが
時々悲しいと感じるほどに
私に霊感はありません。

それよりデータとか
眼で見て分かりやすいものの方に
意外と強い一面もあります。

祖父が亡くなるときも
家族の話からはそれがどれ位深刻なのか
判断できなくて
トロントからの帰国の便に遅れ

経由地のヒースロー空港や
船(飛行機)の中でやきもきしたり

今、闘病中の義父を心配して

「今夜がやまです。」

そう医師から告げられても

霊感のある人には見えるという
屋根の上の黒い雲も
黒いオーラも私には見えないし
感じることもできないので

そんな深刻な状況であることが
信じられません。

現に義父は余命宣告から2年以上も
立派に生き延びているし
身体や外見の様子は薬の副作用で
たちまち変化していても

驚くほど意識がクリアだし反応も正確で
すごいと思います。

「彼」にとって身体や外見はもはや関係なく

こんなにも
「強い父、強いおじいちゃん」であろうとする
普段は決して表に出さない

家族への愛の深さと
彼の強さに
ただただ、敬服するばかりです。


私も今「家族の愛」を学ぶステージにいます。

そんな言葉にならない愛情や
親から子へと伝える大切なものを
具体的な言葉や行動として伝えることが

かけがえのない次の世代を
健全に育むことに繋がるのだと思います。

6人のお子さんの強いパパである仙人さん
子孫に伝え残していく授業の一部を
10分間だけ公開されています。


言葉では伝えきれないところがあるので
あなたに実際に聞いてもらったほうが
早いです。

※この音声はご本人の許可を得た上の
  著作権クリアでアップロードしています。

YouTubeで観たい人はこちらをクリック!


------------------------------------
X-POWER
120歳まで生きる方法
今すぐクリック!
------------------------------------
BIOレシピ☆ビオキッチンヨーロッパ
チャンネル登録はこちら












スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None