ヨーロッパの秘境ルクセンブルグで隠れ家ステイはいかが?

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

  • ホーム
  • »
  • »
  • 旅行
  • »
  • ヨーロッパの秘境ルクセンブルグで隠れ家ステイはいかが?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ヨーロッパの秘境ルクセンブルグで隠れ家ステイはいかが?

  •  投稿日:2017-01-20
  •  カテゴリ:旅行
ヨーロッパの秘境ルクセンブルグで隠れ家ステイはいかが?

欧州子育て日記 
YOSHIKOです、

私たちの住むアルデンヌの森の
今朝の気温はマイナス12度でした!

毎日娘を車で幼稚園まで
送り迎えしていますが、
キー穴が凍って車に入れなかったり(笑)、

やっと入れたと思ったら、
フロントグラスの内側まで凍っていて、
前の景色が見えなかったりして、
なかなか楽しいです(笑)。

さて、今日のお知らせは…

わが家から車で約3時間、
2年前に訪れた
ルクセンブルグのシャトーホテルが
記事になりました♪

本物のお城で隠れ家ステイ!

ここはレストランやスパとして
日帰りで利用できるほか、

宿泊や、貸し切りでの
ビジネス会議や、
結婚式にも利用されています。

ルクセンブルグは南側の市内を
訪れる人が圧倒的に多いと思いますが、

北上すると、アルドワーズという
ヨーロッパの伝統屋根瓦に使われる
岩盤との対比が美しい渓谷や、
ドイツ様式の大型の城塞など、

フランス(ガリア)文化と
ドイツ(ゲルマン)文化の
クロスロードのルクセンブルならではの
風景も見られます。

ルクセンブルグと言えば、
ディーキッシュというビールが有名で、
その町にも立ち寄ってみましたが、

実は・・・

何にもありませんでした!笑。

町の中心を流れる川沿いを
ぐるっとひと回りしただけでした。

でも偶然、町のお祭りがあっていたようで、
テントを張って、地元の人が
ビールを飲んでいるところが見られたので、
満足です。

反対に私たちが、
見られていたというか、笑。

本物お城で隠れ家ステイ!

(PR)こちらもオススメ!
===================
にんにくが主食
今すぐクリック!
===================

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 

FBページ「欧州子育て日記」
イラスト動画 "Draw My Life"

FBの友達、フォロー大歓迎!
https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92

===

「ヨーロッパ発!美味しいオーガニック料理のレシピ」をプレゼント!

当ブログで紹介したオリジナル・レシピを
近々まとめる予定です。
(約21レシピの電子ブック・先着20名様・無料 )

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

===

スポンサーサイト

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。