2016年 12月31日、新しい人生へのシフト準備を整えよ!

欧州子育て日記 
YOSHIKOです、

もとをたどれば
留学したカナダで、

ユダヤ式夏越しの雑煮を
いただいたこと
(を思い出したこと)に始まる
私のミステリーハンティングですが、

昨年11月より、なぜか毎日
最低1日3時間の猛勉強を
させていただいています(笑)。

何も知らない人でも、
1000時間勉強すれば
専門家になれるそうで…。

1日3時間の意味は、
そんな所にあるのでしょうか、笑。

※ここからは現時点のメモも兼ね、
 かなり個人的な独断と偏見に満ちた
 意見を書きますので、単なる
 エンターテイメントとして読んでください♪

そのような中、
「そろそろ年末大掃除…」と思い、

ふと、
我が家の神棚を見上げてみれば…

物部系大神神社(奈良三輪山)をはじめ、
鴨氏系・海部氏系・出雲氏系…

…つまり「天の磐船(いわふね)」という、
一瞬でテレポーテーションし、
世界を駆け巡るUFO的乗り物で
「天孫降臨」したとされ、

「千と千尋の神隠し」にも
「ハク」の名前で登場する

ニギハヤヒにゆかりの深い
神社ばかりだったのですよね…。

思い出の神社から託されたメッセージ

要は夫と神社巡りした時に譲り受けた
大麻たちなのですが、
結婚式も秦氏創建宇佐ルーツの
「筥崎宮」だったので、

無意識ながら、この偶然には
改めてハッとさせられたというか、

正直、お預かりしている
ミッションの大きさに
思わず目が回り、
クラクラしてしまいました、笑。

ありがたく、もったいないことです。

「筥崎宮」は新春(1月3日)の
「玉せせり」が伝わるお宮です。
以前、書いた記事がありますので、
ご興味があったらどうぞ。

博多のパワースポット筥崎宮

私も亀山上皇の神風繋がりで
以前論文を奉納させて頂きました。
 ※本当は仏師繋がりです、笑。

これが北上すれば、旧約聖書の
イサク奉献伝承と繋がる
「御柱祭り」の「諏訪大社」へも
繋がります…。

ついでにどうも家紋から
ルーツも読み解けるようになり(!?)

どうりで
「一箇所でも変えるな!」
ご先祖様が厳しく仰るはずです。

例えば馬具なら俗にいう
「大陸系騎馬民族」の象徴ですが、

騎馬民族の典型例と言えば、
古代ペルシアからの民族大移動で
シルクロードを発祥させ、

ついには百済(馬韓)経由で
新羅(辰韓)を建国(初代王)後、
日本に帰化したという

セム系有色人種のイスラエル人の
弓月氏=秦氏が有名です。

※現在イスラエル人と認識されている
 白人アシュケナジー系とは別ですが、
 私がトロントで食べたお雑煮は
 欧州経由アシュケナジー系のご家族でした。

当時は朝鮮半島が
「三韓(馬韓・辰韓・弁韓)」と
呼ばれた時代でしたが、

このうち辰韓と弁韓は
言葉も風習も似通った同族であり、

一説には、
北イスラエル王国滅亡後、
2世紀ほど遅れて
南イスラエル王国から逃れ、

朝鮮半島に一時滞在していた
ダビデ王直系(本家)のユダ族(+司祭レビ族)=辰韓
そしてベンヤミン族=弁韓国
ではないかとも言われています。

仮にこれが本当であれば、
秦氏=ユダ族ということも
可能性としてはありえるのですが、

物事はそう簡単ではなく、
さまざま複雑に込み入っているので、
今もはっきりした事は分かっていません。

ただ、ユダ族の紋章は獅子ですから、
秦氏が現在の神道の基礎をつくった
神社の狛犬とどこかで
関係しているのかもしれませんね。

そして専門技術者ごとに部を設け、
高度な文明を携えた彼らは
航海術にも長けた
「海人」でもあったようですが、
(だから馬術部もある)

大和政権デビュー後発組の秦氏は、
常に物部氏系とは婚姻関係、
つまり親戚であり、
共存共栄の関係にあったようです。

今ではこの一派は、
日本の旧家であれば、
どこでも関係がある、とも
言われています。

個人的にはさらに、
もしかして日本国民全員と
関係があるのでは?とも
思っています。

日本に来た古代イスラエル人って一体何のこと!?

ここからはやや
おとぎ話的な話になりますが、
信じられない人が普通ですので
安心してください。

もともと彼らは
縄文時代に日本から派遣された
集団から輩出されたとも言われる(?)
初代イスラエル王国の王ダビデの子孫で、

エジプト脱出後、
シナイ山でヤハウェと契約を結んだ
アブラハムの孫である
ヤコブを祖とする一族、つまり

いわゆるユダヤ12支族
(+祭祀レビ族で計13支族)

であり、

イスラエル王国が
北イスラエル王国の10支族と
南イスラエル王国の2+レビ族の計3支族
に別れたあと、

アッシリア帝国からの激しい攻撃を受けて
紀元前8世紀(北)から
6世紀(南)頃にかけて
この地方を脱出しています。

そのうち行方不明として
現在もイスラエル政府が捜索中している
10支族(+レビ族で計11支族)が、
「失われた10支族」と言われ、

東方にある日の出づる
豊葦原の国=日本との関連が
古くから噂されています。

※これら13支族は
 同じ父親(ヤコブ)が祖ですので、
 当然、全員が血族です。

彼らのことを個人レベルで研究している
東大・京大クラスの優秀な方たちが
すでに沢山いらっしゃいますので、
詳しいことはぜひ本屋で立ち読みしてください。

21世紀になって、
ずいぶんDNA的にも解明されて
来ていますから、
これからまた研究も進むでしょう。

先輩方の研究をベースに
紐解いていくと、彼らは

それぞれのペースで
少なくとも計6回以上にわたって
日本に帰ってきているため、

非常に分かりにくく、
混乱を招きがちです。

秦氏だけでも約5世紀にわたって
何度も数万人規模での
渡来が繰り返されています。

また彼らは陸路と海路に分かれて
帰省しているので、
部族のルーツもなんとなく
読み解けます。

最初に登場した物部一族であれば、

淡路島を中心とする海路を辿って、
長崎の松浦水軍や、
久留米の水天宮と橘家、
大分の宇佐神宮&大伴家、

さらに核心となる籠神社と真名井神社、
伊弉諾(イザナギ)神宮なども、
実は全部つながっていたのかも
しれないという…。

さらに最近ライターとしての仕事で
「伊吹山」「大和葛城山」など、
日本のメジャーな修験道の山について
書きましたが、

ラビの格好をした修験者の天狗伝承や
六芒星のキーワードで読み解くと、
これまた読み解けてしまうという…。
(ある程度までは。)

以下、陛下・殿下が御台覧の
 ご著書だそうです…。


※私の敬愛する南朝系明治天皇以降は、
 明治天皇の御言葉を拝借すると
 「天皇の権限」で、かなり具体的に
 把握されているのだとお察しします。

 そして「千と千尋」のスタジオジブリや、
 「ドラゴンボール」の鳥山明氏なども、
 物語を紡がれているだけあって、
 それはそれは、お詳しいですね…。

ポイントはやはり「大化の改新」に
あるのでしょうが、

どちらが本当の天津神で、
どちらが国津神なのか?

なぜ「大祓詞」は
核心部分の「天津祝詞」が
空白のまま現代まで伝わらなければ
ならなかったのか?

なぜイザナギノミコトは
こんなに別格扱いで
大事にされているのか?

などなど、

調べれば調べるほど諸説あり、
私よりもエラーイ先生方が
最前線で議論されている内容ですので、

真相は誰にもわからないのです。

また立場が変われば、
突然、正義と悪が逆になったりするので
本当に混乱します。が、

「陰=陽」でもあるので、
これまた分かる気もします。

歴史はロマンという空白が
良いところですから、
ファンタジーだと思って
楽しんでくださいね♡

でも、
「聞いたことがない、知らない」
などと言って、耳を塞いでしまうのは
あまりにも、もったいない話です。

歴史は何も暗記で終わりじゃ
ないですよ♪

世界一長い歴史のある国、日本は
わからないことばかりで、
本当にかけがえのない、
宝物のように素晴らしい国です。

これがアメリカなど新大陸へ行くと、
1から10まで何でも分かっていたり、
建物も新しすぎて、
逆につまらなさすぎます、笑。

心をオープンに、
一般社会から「非常識」と
思われていることを受け入れるだけで、

日本史はこんなにも面白い!!

私が小さい頃、
境内で遊んでくださった天神系の神様も、
菅原道真の母方が物部系ということで、
半分は繋がっているようです。

どちらにしても、
日本人は縄文DNA+弥生DNAが
それぞれ約50%と言われていますので(NHK)、

天神様が体現されているように、
「世界はひとつ」なのですよね

現代人の私達は心配しなくても、
みんなどこかで繋がっているので、
文字通り50%、
人類みな兄弟です♪

初詣への準備はOK?

そしてしつこいようですが、
新年を迎える前に、
もう一度、書いておきます。

2016年12月31日、
年越しそばを食べる頃までには、

2分でトイレの中でもいいから、
自分とじっくり向き合う時間をとって、

将来の理想の自分像を
細部までイメージしてみましょう♪
文字として書き出すのも良いようですよ。

それでは、ブログを始めて約1年、
私の独り言につきあってくださいました
読者の皆様、
本当にありがとうございました!

2017年、
愛するご家族やご友人たちと共に
素晴らしい年をお迎えくださいね!

(PR)こちらもオススメ!
===================
にんにくが主食
今すぐクリック!
===================

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 

FBページ「欧州子育て日記」
イラスト動画 "Draw My Life"

FBの友達、フォロー大歓迎!
https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92

===

「ヨーロッパ発!美味しいオーガニック料理のレシピ」をプレゼント!

当ブログで紹介したオリジナル・レシピを
近々まとめる予定です。
(約21レシピの電子ブック・先着20名様・無料 )

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

===
スポンサーサイト
 タグ