内観瞑想のススメ3 レムリアンシードクリスタル カタカムナ

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

内観瞑想のススメ3 レムリアンシードクリスタル カタカムナ

内観瞑想のススメ3 レムリアンシードクリスタル カタカムナ

欧州子育て日記

YOSHIKOです、

今日は、堅苦しいこと抜きで
自分と向き合い、
内観するための
瞑想方法についてお伝えします。

私も朝のワーク
「運命の一時間」の一環で
実践しているものです。

結論から言えば、
リラックスできれば
いつでも・どこでもOK!
です。

その理由もお話ししましょう。

日本の暮らしに息づく「瞑想」

禅の修業でも知られるように、
気持ちが落ち着くとか、
精神統一ができるとか、

瞑想が何かしら良いことは
小さい頃から聞いていました。

私も何も分からないなりに、
子供の頃習っていた
少林寺拳法で、

1分間の「黙想」を
練習の始まりと終わりに
全員でやっていました。

伯母がプライベートで
教えてくれていた茶道では、

寒い季節になると
炉に炭を入れていました。

静けさの中で
時間がゆっくりと流れ、

パチパチという炭火のおこる音が
ぬくもりと共に
胸にひびく瞬間は、

まさに自分と向き合う
瞑想のひととき
そのものだと思います。

日本人であれば、
何かしら生活の中で
あなたも同じような経験を
してきたのではないでしょうか。

「瞑想すると気持ち良いよ。」

と父からも
すすめられたことがありますが、
なんだか

「新聞読みなさい。」

と言われているようで、
全然ピンと来ません。

私にとっては、
なんだか
御指導されてるようで、

「毎日忙しいのに、
わざわざ時間取って、
座禅組むなんてメンドクサ!

インスピレーション?
ひらめく時は
ひらめくでしょ♪

くらいにしか
考えていなかったのです。

昨年から
家族のがんとクローン病への
自宅対応のために受講していた

自然療法の授業でも、
「瞑想」が勧められていましたが、

自然療法の授業

当時「そうか!」と思い、
体験としてやってはみたものの、
正直、そのまま忘れていました。

実際、瞑想が素晴らしいということは
ほとんどの人が頭では分かっているわけで、

それを実際に行動して
体感してもらおうとするのは、

体得しきれていない技を、
いきなり相手にしかけるように
むずかしいことだと思います。

だから私なりの言葉で
少しづつ説明していきますね。

瞑想ルーティンのきっかけ

ところが、
この夏を過ぎた頃から、

その”ひらめき”が
しきりに「瞑想」「瞑想」と
耳元でささやいてくるのです。

本を開けば「瞑想」
TVを見れば「瞑想」
街を歩けば「瞑想」

という具合に。

さすがにここまで来たら

「ハイハイ、瞑想ね。
瞑想しろってことですね♪」

と、誰と話しているのか
自分でも分からないけれど、

瞑想を「毎日の健康ルーティン」に
取り入れることにしました。

それでも最初は
なかなか気が向かず、
リラクゼーションの音楽を
聞いていて、

珍しくその気になったというのが
本当のところです。

やっと習慣化したのは、
ここ1ヶ月くらいの話です。

だからそんなに偉そうには
全然言えないのですが、

結果としてあなたにも

「瞑想、良いよ♡」

と、こっそり耳元で
ささやいておきたいと思います。

そもそも、瞑想って何のため?

正直インスピレーションなんて、
いつでも、どこでも、
やってきます。

一人で料理していても、
自然の中を散歩していても、
ソファでぼーっとしていても、
町中を歩いていても。

「瞑想するぞ!」と頑張ったところで、

マクドナルドじゃあるまいし、
そんなにインスタントに
「悟り」が開けるわけでも
ないでしょう。

でも勉強する気にならなくても
机の前に座ると
自然とその気になるように、

形から入ることは
モチベーション付けになることも
脳科学的に証明されているので、

お気に入りのお香を見つけたり、
音楽を聞いたり、

環境からまず整えていくのは
良い方法だと思います。

結論を言えば、
私が瞑想をすすめる理由は、

間違っても、

悟りを開いたり、
解脱(笑)を目指すなどという
大袈裟ものではありません。

第一、ヨガさえ
習ったことがありません。

少しでも隙間時間が空くと
イライラしてしまう私でも、
なぜここまで瞑想が続いているのか?

それは、

常に何かに急かされるように
ソワソワしていた気持ちが、
不思議と落ち着ちついたことに
自分で気づいたからです。

瞑想の前には
朝日に向かって
今日一日の平安を祈ることと、

いわゆる「アーシング」と呼ばれる
素足で土に足をつける
グラウンディングのステップも
踏んでいます。



Youtubeで観たい人はこちら

一連の流れですから、
何が良かったのかは分かりません。

ですが、
このメニューに最近15分ほどの
「瞑想」を追加したところ、

長年感じていた
背中を押されるような
強い焦燥感がなくなり、
自分でも驚いています。

たとえば
子供と楽しく遊んでいたのに、

突然焦りの気持ちを思い出して、
急に空気を変えるようなことが
なくなりました。

過去は振り返るな、
未来のことは心配するな、
今に集中しろ!

とよく言いますが、
「今」に集中するって、
結構むずかしいですよね?

でも、あなたがもし幸せな人生を
送りたいのなら、
このポイントは
かなり重要だと思います。

「今」を楽しめないのに、
「人生」を楽しめるのか。

瞑想によって私が得ているものは、
ニュートラルな状態の自分です。

つまり、

心がざわついたり、
フワフワ浮ついたりしていない、
安定した状態の
素の自分を取り戻すため

という言い方も
できるかもしれません。

禅僧ではないのだから、
「無」になんて、
そんなに最初からはなれません。

でも、自分に足りないものを
本来それとは関係のないもので、
補おうとしたり、

幸せ探しをするために
パーティ三昧の日々を過ごしたり、
無理してエルメスのバッグを
追いかけなくても、

自分は大丈夫だと
思えるようになりました。

ここに生命があることを感謝し、
他の誰でもない
私自身であることを感謝し、

欠点だらけであったとしても
そんな自分に満足できる。

自分は完結している。

という事実に気付いたからです。

誰でも必要なものは
始めから持って
生まれてきているはずなのに、

他人と自分と比較したり、
元々自分のアイデアではない
余計な情報を
日々詰め込みすぎて、

自分に欠けている
一番ほしいものを手に入れるために、

いつも何かを追いかけなければ
気が済まないようになっていました。

喉の奥から手が出るほど
欲しいものがあるのに、
その正体が分からないし、

いくら探しても、
見つからないのです。

お店にも売っていないし、
これならば!と思って
代わりのものを手に入れても、
心の隙間をふさげない。

なぜでしょう?

それは、
私の心の内側の問題だからです。

瞑想は、

自分と静かに向き合うことで、
乱れていた心の波形を
落ち着けてくれる

そんな効果があるような
気がしています。

見つけよう!”あなた流”瞑想スタイル

瞑想は座禅を組んでも、
仰向けに寝転がっても、
ゆったり椅子に座っても、

どちらでも良いと思います。

それから目を軽く閉じて、

ゆっくり鼻から息を吸い込んで、
髪の毛一本くらいの細い息を
口から長く吐いていくことを
繰り返し、

自分の呼吸だけに集中します。

その意味では邪魔になるのであれば、
光源や音源、電源なども
あらかじめ切っておいた方が良いです。

初心者は寝転がれば
自然に腹式呼吸になります。

そして心に浮かぶまま、
自分の空想の世界に
入っていくのですが、

この時、大前提として
ひとつだけ大きなポイントが
あります。

あなたの脳と身体が
リラックスした状態でなければ
いけません。

ちょっとだけ
私たちの「意識」を司る
脳のシステムをお話すると、

今、あなたが実際に生きている
物理学でいうところの三次元、
つまり空間+時間で構成された
この物質界においては、

あなたに意識がある時は、
脳波でいうと覚醒をあらわす
ベータ波がメインの状態にあります。

それを瞑想で心を自由に
解き放つことによって、
私たちの「意識」は、

私たちの感覚では
感知できない、
いわゆる身体を超えた
四次元の空間へと旅していくのです。

ホリスティック的な言葉でいうと
これが教育者で人智学者の
アドルフ・シュタイナーのいう
「アストラル界」へアクセスであり、

この時、私たちの脳波は
リラックスした状態をあらわす
アルファ波の状態となっています。

ここで思考や意識を開放することによって、
脳が深くリラックスできるのです。

だから個人的には、
この段階で「無」になる必要は
ないのだと思っています。

それよりも、次々と移り変わる
自由な空想の世界を
ここで止めてはいけません。

「引き寄せの法則」も
この次元で効果的に発動できますから、
何か望みを叶えたいものがあれば、
ここでどんどん想像すると良いのです。

女優の中谷美紀さんが
若い頃から毎日「瞑想」をして、
ドラマの仕事を面白いほどに
取っていたというエピソードもあります。

もっと瞑想が自然に
習慣化できるようになったら、

あなたは「瞑想の達人」として、
「無」の領域に触れることが
できるかもしれません。

この時の「瞑想の達人」である
あなたの脳波の状態―、

それは物理学でいうところの
時間と空間からの自由をあらわす
五次元の世界、ガンマ波です。

※現段階では理論的に
 少なくとも10次元~26次元の話が
 物理学者の間で議論されています。
 
 霊能者やヒーラーと呼ばれる人達は、
 この次元に意識をアクセスして、
 いろいろな情報を得たり、
 ヒーリングを施しています。

 ただし、このフランス語圏では
 本物の優秀なヒーラーなら無料、また
 必要経費などを考慮しても50ユーロが限度と
 フランス国営TVでは話していました。

 実力あるヒーラーなら、
 愛というボランティアの心で、
 ごく短時間かつ一度のヒーリングで
 完結できるからです。
 
瞑想は自分と向き合う
内観の時間であり、
自問自答の時間でもあり、
自分を赦す時間でもあります。

時間や空間や物質的身体という
制約のある世界から、

思うがままに
意識を解き放つことが許される
心の開放の時間でもあると思います。

時間や距離の制約のない
四次元以上の話なので、

この三次元物質界なら、
通常の瞑想なら
最長15分で良いと言います。

今日から少しだけ時間を取って、
あなたも「瞑想」
試してみませんか?

あなたのずっと欲しかったものが
手に入るかもしれませんよ♪

(PR)こちらもおすすめ!
===============
にんにくが主食
今すぐクリック!
===============

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 

FBページ「欧州子育て日記」
イラスト動画 "Draw My Life"

FBの友達、フォロー大歓迎!
https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92

===

「ヨーロッパ発!美味しいオーガニック料理のレシピ」をプレゼント!

当ブログで紹介したオリジナル・レシピを
近々まとめる予定です。
(約21レシピの電子ブック・先着20名様・無料 )

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

===
スポンサーサイト

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。