新年への祈願書は初詣前の数ヶ月前に準備!

欧州子育て日記 
YOSHIKOです、

新年の目標達成を
神様に祈願する
「祈願書」についてシェアします。

「祈願書」は一級建築士であり、
神主でもあるDr.コパさんの風水で
全国的に有名になりましたが、

元々日本では
四季折々の行事のひとつとして、
神道では知られた祈願方法です。

通説では出雲大社に
日本各地の神様が集まる「神無月」、
つまり旧暦10月(現10月下旬~12月上旬頃)
日本の神界で開かれる「神様会議」に、

自分の願いを
氏神様から届けてもらえるように、
氏神様の出発前までに書いて、
神社に参拝することになっています。

そう国語の授業でも習いましたが、
これはあくまで俗説であって、

この「神様会議」の由来は、
初代神武天皇の東方征伐を祝い
旧暦の10月20日に行った
神祭であるという説もあります。

また『ホツマツタエ』では
この頃、陽より陰の気が優勢になるため、

「神=陽・ポジティブな要素」が退く
気配を例えて呼んだのが
「神無月」とされています。

どちらにしても、
神道(また旧約聖書に基づくユダヤ教など)では、
およそ半年ごとを区切りとして、
次の期間への準備を始めますから、

早ければ、
夏の「大祓の儀」が終わったら、
もう新年への準備を始めて良いことに
なります。

新年の抱負を祈願する「祈願書」

この「祈願書」もそんな事前準備のひとつで、
これこそ「引き寄せの法則」の原理だな~と
思うのですが、

昔の人は、現在のように
元旦の初詣で新年の抱負を
かけこみ祈願をしたのではなく、

実は半年も前から、
自分の未来像を整理して、
準備していたことになります。

そんな私も、今年はやや
かけこみ祈願となりました。

毎年、祈願書を持参して
神社参拝する期間は、
その年によって違います。

ちょうど頭を整理する時期でもあり、
今年もそろそろ…と思い、
調べてみたら、

2016年は11月24日まで!?!?

まあ、これも前述したように、
早ければ早いほど良いのでしょうし、

やさしく、曖昧で、
「何でもOK!」な大らかな神様は、
厳密な期間など
特に設けていないでしょうけど、

良い機会なので、書きました(笑)。

私も「祈願書」を書き始めて
今年でちょうど10年になりますが、

神様への無茶ぶりを含めても(笑)
毎年80%以上は確実に叶っているし、
だからこそ、続いています。

起業家やスポーツ選手などで
神仏に祈願する人は
結構いますよね。

まっすぐ勝ちを取りに行く筥崎宮

経営者なら、
松下幸之助さんや
資生堂が有名ですね。

境内の鳥居や灯籠が
企業からの寄付であるのも
よく見かけます。

ここに神社はないので、
朝の神棚への祝詞奏上の一環で
個人的に「言靈(ことたま)」として

私の願いが実現するように、
意識エネルギーの
バイフォトンにのせて、

来年の目標を力強く
発信しておきました、笑。

これで何とか、2~3ヶ月後あたりから
宇宙の「元」である素粒子が、
自動的にそれに見合う結果を探して
私に届け始めてくれるでしょう…♡

なんとなく、
意味わかりますかね?

(前の記事を飛ばした状態で
書いているので、あとで
読んでおいてくださいね♪)

でも、古神道とか物理とか、
堅苦しいことは
本当は分からなくても良いのだと
思います。

大事なのは、
頭で支離滅裂と思っても、
とりあえず素直に
実行してみることです。

「そんなの効果あるの~?」

と疑ったり、

「嘘に決まってるじゃん!」

と否定する、

そんな余計な暇と
エネルギーがあったら、
自分でさっさと試してみたら
一番良いのですが、

そういうタイプの人が
やっと重い腰をあげて実行しても、

「疑い」や「否定」のエネルギーが
そのまま戻ってきてしまうため、

ますます自分を
正当化をし始めるので、
要注意です…。

だから、どうせやるなら
自分でもバカ正直と笑えるくらい、
まずは良い意味で開き直って、
「謙虚になる」ことが一番です。

ちなみに私の言う「古神道」は
特定の宗教を指すものでなく、

自然科学に基づいた
「人としての生き方」を意味します。

本当は古代から伝わるものなら
「エジプト」でも「アボリジニ」でも
「星占い」でも何でも良いですが、

神道で説明するのは、
私が日本人であり、
これを読んでいるあなたとの
共通点であることと、

八百万の神に表わされる
原始的なアニミズム(自然崇拝)
の要素が、シンプルで、
分かりやすいと思うからです。

「祈願書」作成の方法

それでは、バカ正直に
試してみたい人のために、
「祈願書」の書き方
YOSHIKOバージョンをお伝えします♪

1,まずは前日くらいから
部屋を掃除して、
清浄な空間を作りましょう。

地上の電磁波を用いた
当時の最新科学「風水」でも、
掃除は基本中の基本と
よく言われています。

※土地を実際に購入したり、
 さら地から家の間取りを決める
 経験の無い人の、
 風水批判や冷やかしは
 さらりと聞き流しましょう♪ 

 「心が弱いんじゃないの?」など
 意味のない批判を受けても、
 自分を責めて自信喪失とか、
 罪悪感を感じる必要は
 全くありません。

視野の狭い人は我が身を
処する道を誤るだけでなく、
人にも迷惑をかける(松下幸之助)

 陰陽道はあくまでも
 帝王学のひとつですから、
 必要のない人には
 関係ありません。

また、以下は
リサーチをかけていないので
科学的根拠はよく分かりませんが、

風水でも利用される「盛塩」や
神道の「祝詞奏上」なども、
一説には周囲20km(半径)を
浄化するとも言われます。

また私が大好きな
「天然水晶」も
その場を浄化できる
グッズのひとつです。

2,お風呂に入って、
身体も清浄にしておきます。
(当日の朝なら、尚良し!)

お風呂に入ることで
身体の代謝も良くなるので、
手軽にできるデトックス方法
でもあります。

そして人間の毛穴からは、
デトックスされた後の
不要な「気」や「水分」が
放出されています。

さらに神社参拝の時のように、
口の中をすすいだり、
気道をきれいにしておけば
身体を清潔にすることに繋がります。

3,紙と封筒を2通分用意します。

芸術系短期大学で
講師をしていた頃、
よくワークショップ形式で
やりたい事を書かせたのですが、

頭の整理を兼ねて、
日頃考えていることを
紙の上に現実として
書き出すことは、

思考を現実化するための
大きなはじめの一歩となります。

言靈(ことたま)が
言葉に乗ったタマシイ(意思)という
音のエネルギーであるように、

文字もエネルギーを
象徴するものだからです。

人材育成の分野で有名な
先生からも
「3年ゴール」の課題を頂きましたが、

これを頻繁に行うと
さらに良いだけでなく、
毎日更新し続けている人は…

驚愕レベルの素晴らしい結果が!!

「祈願書」の場合、
縦書きで、
おおまかな流れは次の通りですが、

YOSHIKO式ではさらに、
「3年ゴール」の要素を入れて、
それを「現在進行型」または
「過去形」で書き出すのがポイントです♪

さらに祈願内容は具体的に
客観視できるように、
目標を「数値化」して設定すると
効果的と言われています。

(以下は例なので、自分流にアレンジして可!)
===
祈願書

自分が届けたい神様や神社の名前
※宛名は手紙の最後でも良いです。
 昨年は豊受大神宛にして
 ほとんど叶っていました!で、
 今年は天之御中主大神にしてみました、笑。
 身近な氏神様や、
 生涯お見守りいただいている
 産土の神様でも良いと思います。

日頃より、私◯◯◯◯に
大いなる御神護をいただき
まことにありがとうございます。
20◯◯年は次のことを実現いたします。

一,健康面

二、家族・人間関係面

三、ビジネス・経済面

以上、全力を尽くして精進して参ります。
いつも溢れんばかりの愛で、私を
御神護(おみまも)りいただき、
心から感謝申し上げます。

いつも(神様の名前)様の前で
素直で謙虚な私(わたくし)でいられますように
どうぞよろしくお願い申し上げます。

氏名
住所
生年月日
===

これを2通分用意し、
封筒にも「祈願書」と書きます。

いざ、身を糺(ただ)して言靈発信!

ここまであらかじめ準備できたら、
なるべく午前中に神社に参拝します。

※細かく参拝時間を設けてある場合もあります。
 興味のある人は自分で検索してください。

神殿での参拝時は、
もちろん身を糺したあと(手・口を清める)に
通常は二礼・二柏手・一拝(礼)です。

その後、環境が許せば
内容を声に出して祈願します。

が、人前では恥ずかしいと思うので、
これは自宅の神棚や、
自分の部屋でやってください、笑。

終了したら、一通は神棚などの
清らかな場所で保管、

もう一通は、常に携帯して
いつでも目を通せるように
してください。

(PR)こちらもおすすめ!
===============
にんにくが主食
今すぐクリック!
===============

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 

FBページ「欧州子育て日記」
イラスト動画 "Draw My Life"

自己紹介

===

「ヨーロッパ発!美味しいオーガニック料理のレシピ」をプレゼント!

当ブログで紹介したオリジナル・レシピを
近々まとめる予定です。
(約21レシピの電子ブック・先着20名様・無料 )

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

===

この記事の執筆にあたり、以下のサイトを参考にさせて頂きました。

・http://san-sen.com/archives/5129(2016-11-22)
http://memo.hanielu.com/article/427545230.html(2016-11-22)

スポンサーサイト
 タグ
None