衝撃!住宅ローン借り換えって、こんなに違うの!?

欧州子育て日記 
YOSHIKOです、

お金の話は汚いとか下品とか、
そもそもネガティブと
タブー視する人がいますが、

マイホームやマイカーを
持つ人にとっては、
むしろ役に立つ重要な話です。

大切な家族が安心して暮らすため、

そして世界のどこでもが、
あなたの暮らしているような
便利な都会ではありません。

ローンを組まずに
現金一括払いができる人が
そもそもどれ位いるんでしょうか?

その人の環境によって、
お金の話は受け取り方が
違ってくるのかもしれませんが、

日本でも2000年頃から、
公立の小・中学校でも、
外部講師による「お金の教育」が
なされています。

だから決してタブーの話ではありません。

清貧思想があまねく行き渡る
日本人の感覚とは
違うかもしれませんが、

別にヒミツにすることでもありません。

むしろ、あなたが
お金の話を「タブー」と
思い込まされているのなら、

それこそ政府のプロパガンダとか、
学校教育、
また親による刷り込みによって、

「お金=罪悪感」という価値観を
持たされていることの方が
よっぽど問題であることに
気がつくべきです。

それによってあなたは
つつましさを美徳として生きるよう、
メンタルブロックされています。

政府によるコントロール?
そんなこと、わが「お上」がする訳
ありませんか?

実際、265年間続いた徳川幕府でも
「奢侈(しゃし)禁止令」なるもので
贅沢=罪とされていましたよね?

明治時代になって
少しは「富国強兵」と言って
緩和されたものの、

大正に入った途端に
第一次世界大戦。

その後昭和12年には
「欲しがりません勝つまでは」の
非国民意識が生まれ、

昭和15年には
「七・七禁令」つまり、
ぜいたく禁止令が出て、

以来、日本は勝つことがないまま、

不自然なまでの
お金に対する偏見が
できてしまったのです。

さらに先日の記事でも書きましたが、

あなたがその苦しい「罪悪感」から
逃れるために、
わざわざ良い人ぶった振る舞いをすることで、
相手を傷つける場合もあります。

「貧しさは罪」の話

大人なら、お金の「罪悪感」から
逃げてばかりいずに、

あえて直視して、

現状に何か問題があるのなら、
自分で正す努力をするべきです。

子供ではないのですから、

英語でいうところの"Matured"
つまり精神的な成熟が
必要なのです。

それがほんとうの意味で
勇気があるということであり、

古い体質の社会にはびこる
「洗脳」をみずから解くと
いうことです。

日本の未来を良くしたいと
本気で思うなら、
そんな社会のカラクリに
早く気がつくべきなのです。

そうでなければ、
今後一層すすむ格差社会を
みずから黙認することになります。

こういう内容は、
私が留学した2000年の時点で、
カナダの公立小学校で
とっくに教えられていたことです。

※私もカナダで話を聞くまでは
 ちゃんと把握できていませんでした!
 偉そうに話して申し訳ありません、笑。

欧州子育て日記 
前置きが長くなりましたが、
日本でも住宅ローンの借り換えは、

財務省管轄の職員から
行政指導があるほど、
ポピュラーなものです。

これはヨーロッパでも同じですが、
今年わが家では相続税が重なったため、
A銀行に申し入れしていました。

先祖代々の土地を
次の世代に引き継ぐためです。

ところが、当たり前の話ですが
それでは銀行が不利になるので、
一蹴されていました。

そこで別の方法で、
小さく借り換えをしていたのです。

そして新車のマイカーを手放し、
経費を抑えるために
引っ越しもしました。

ところがこの秋、
なんと秋のプロモーションの一環で、
私たちが考えもしなかったB銀行から、
借り換えの提案があったのです!

※借り換えすると、
 銀行は収入が少なくなりますが、
 その銀行で一括して取引することで
 新規顧客を獲得する訳です。

 くわしくは自分で
 「住宅ローン 借り換え」で
 調べてみてください。

そして電話予約もなかなか取れず、
スローな国内最大手のA銀行に比べ、

国際銀行であるB銀行では、
なんと1日で手続きが
終わってしまいました!
 
しかも、月々の経費に加え、
全体の経費としても
かなりの金額が抑えられます…。

今にして思えば、

…もしかして、
これならマイカーを売らずに、
済んだのでは…?

そんな疑問も湧いてきますね?

そうです。
売らなくても良かったのです!!

でも、一方で、
これは車と土地家屋などの相続が
きちんと完了していたから、
クリアになったこととも言えます。
 
人に助けられ、神様に家族で
感謝せずにはいられない
経験もしました。

それにしても、
返済期間も金額も
こんなに違うものなの…!?

会計士の夫は
「こんなの仕事でいくらでも見てるから、
最初から分かっていたさ!」
と言い、

B銀行も
「良心のある銀行なら、
借り換えの申し出は断れないはずなのに、
同業者として残念。」と
コメントしていましたが…、

富を自分たちだけで
独占しようというシステムは、
どうしても好きになれませんね~。

しかも今ドキは、
すべてコンピューター管理なので、
コンピューターが自分たちに不利と判断して、
リジェクトしてくるのですよ。

まあ、どちらにしても

理想はローンなんか組まずに
現金一括払いであることに、
間違いはありませんけどね!

(PR)こちらもおすすめ!
===============
にんにくが主食
今すぐクリック!
===============

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 

FBページ「欧州子育て日記」
イラスト動画 "Draw My Life"

自己紹介

===

健康レシピ配本のお知らせ

当ブログで紹介した「健康レシピ」を
近々まとめる予定です。
(無料・PDF送付・先着20名様)

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com
スポンサーサイト