これ、加熱用です。BIOレシピ☆ビオキッチン・ヨーロッパ

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

これ、加熱用です。BIOレシピ☆ビオキッチン・ヨーロッパ

これ、加熱用です。BIOレシピ☆ビオキッチン・ヨーロッパ

BIOキッチン☆ヨーロッパ 

YOSHIKOです、

りんごには加熱用と
生食用があるのをご存知ですか?

私はヨーロッパに来るまで、
そんな話聞いたこともありませんでした。

これについて、
以前記事を書いたものがありますので、
シェアします。

りんごの話

先日、羊くん達に囲まれながら
家族揃って「りんご狩り」をしました。

BIOキッチン☆ヨーロッパ 
草刈用の羊くんたちがいる
わが家の第ニ会場には、
古いりんごの木が5~6本あります。

本当はもっと
あったらしいのですが、
雷などに打たれて
今は古い木が残っているだけです。

そのうち、2本は古い品種で
コンポートやジャムにする「加熱用」
残りが「生食用」です。

わが家でも、この季節は
毎年、記事中で紹介している
「まるごとりんごのフレンチコンポート」に

肉料理の付けあわせや
デザートとして、
大活躍してもらっています♪

りんごが完熟するまでには
本当はもう少しかかるのですが、
なぜ今、採っているのかというと、

私たちのお腹に入るだけでなく、
冬場の羊の飼料にもなるからです。

とはいえ、
これまであまりにもバタバタして、
ヨーロッパ7年目にして、
初めての本格的な「りんご狩り」でした。

以前はりんごジュースも
毎年作っていたのだそうです。

羊くんたちの天然肥料で育った
本物のBIOりんごです、笑。

BIOキッチン☆ヨーロッパ 
こうやって見ると、
ちょうど柿の実が生る
日本の秋の風情そっくりですね。

何気ない小さな幸せは
どこでも私たちの身近にあるという
ことでしょうか。

今ある古いりんごの木も
そろそろ種を育てて、
私たちの孫の代に伝える必要が
あるそうです。

「りんご狩り」は
これからもわが家の伝統として
続けたいと思います。

クエン酸ががんに効く!?毎日のレモン&ライム水を徹底検証No.2

(PR)こちらもおすすめ!
===============
にんにくが主食
今すぐクリック!
===============

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 

FBページ「欧州子育て日記」
イラスト動画 "Draw My Life"

自己紹介

===

健康レシピ配本のお知らせ

当ブログで紹介した「健康レシピ」を
近々まとめる予定です。
(無料・PDF送付・先着20名様)

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

===
スポンサーサイト

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。