ヨーロッパのBIOオーガニック事情

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ヨーロッパのBIOオーガニック事情

ヨーロッパのBIOオーガニック事情

今日は無視できない
ヨーロッパのBIOオーガニック事情について
みなさんにシェアします♪

==================
X-POWER
常識外れの健康法を遂に公開!
今すぐクリック!
==================

各町にひとつあるBIOオーガニックショップが
ヨーロッパでは”リッチな人が通う所…”と
秘かに噂されていることは
前回のブログでも書きましたが

今日はその秘かな
BIOオーガニック・ブームを受けて

BIOオーガニック製品が
だんだん庶民にも身近な存在に
なりつつある食品事情をお伝えします。

ベルギー発の小売食品チェーンスーパー
COLRUYT(コロロイト)グループで見つけた
BIOオーガニック商品です。

※近くで娘が遊び始めたので
  雑音が入ってしまい、申訳ないです^^;。



他にも卵やハム・チーズなどの
生鮮食品類もあります。


ヨーロッパでも多分に漏れず
各食品小売りスーパーが熾烈な
生き残り選を繰り広げています。

特にベルギーは西ヨーロッパのど真ん中。

ベルギー発のCoryuytの他にMakro(卸店)や
フランス発のCarrefour、Cora、Intermarche
ドイツ発のALDI、LIDL など

今日はフランス風、今日はドイツ風♡と
気分でスーパーが選べるくらいです。


==================
X-POWER
日本人専用の健康アプローチ完成!
今すぐクリック!
==================

なので各スーパーが常にしのぎを削っています。

そこで近年、安価なエコ・ブランドの次に
新しく登場したのが
各ブランドが力を入れた
BIOオーガニック・ブランドです。

エコ・ブランドと同じように
パッケージなどは簡素化されていますが
一応BIO基準をクリアしなければ
BIOマークはつけられないし

BIOオーガニック商品は高いのが信用なので
少しでも高く売りたい企業としては
もちろん力が入りますよね。


始めは他との差別化のために
取り入れられたのでしょうが
ひとつのメーカーが始めると

功を奏してか
はたまた導入しないと取り残され感があるのか

大手スーパーCarrefourのBIOコーナーでも紹介したように

もはや、取り入れなければ生き残れない!
雰囲気になってきています。


どちらにしても消費者にとっては
普段行く近くのスーパーで手に入れば
ざわざわ本格BIOオーガニック・ショップに行かなくても
そこで買っちゃいますよね?

現に娘の幼稚園用のフルーツジュース・パックも
お腹すいた時につまむクッキーも
何でもBIOオーガニック商品から選べる
選択肢があるのは嬉しいことです。

BIOレシピビオキッチンヨーロッパcouryt

X-POWER」ですくすく家族!
日本国内の数千家族が「健康習慣」実践中!
http://link-on.us/cchg
今すぐクリック!

「BIOレシピ☆ビオキッチンヨーロッパ」レシピチャンネルこちら
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。