赤毛のミミの散歩道 明日4歳になるミミちゃんと。

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

  • ホーム
  • »
  • »
  • 日記
  • »
  • 赤毛のミミの散歩道 明日4歳になるミミちゃんと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

赤毛のミミの散歩道 明日4歳になるミミちゃんと。

  •  投稿日:2016-09-29
  •  カテゴリ:日記
赤毛のミミの散歩道 明日4歳になるミミちゃんと。

欧州子育て日記 
YOSHIKOです、

庭のりんごが色づいてくると、
それは娘のお誕生日が近づいてきたという
サインです。

9月生まれの娘の誕生日前後は、
毎年沢山の自然の恵みが実ります。
本当に美しい季節です。

りんごのほかにも、

木いちご、野いちご、
ヘーゼルナッツ、どんぐり
などなど…

裏山を散歩しただけでも、
たくさんの発見があります。

子どもの頃、
TVアニメであっていた
「赤毛のアン」の世界に
魅了されました。

カナダのプリンスエドワード島を舞台に
くり広げられる、
モンゴメリ原作の
日本人にはおなじみのストーリーです。

お話の中にでてくる
「いちご酒」や
「ふくらんだ袖」のドレスに憧れました。

原作は子どもには結構むずかしいので、
あとで大人になってから、
大学生の頃に読んだのですが、
意外と続きの話の方が長くて楽しめます。

その後、28歳でカナダに社会人留学した時、
たまたまホストマザーが里帰りするというので、
トロントからプリンスエドワード島まで
一緒に車で往復しました。

一日中車にのって、
途中ケベックで1泊し、
片道だけでも2日かかります。

辿り着いたプリンスエドワード島では
単独行動したのですが、
あれだけの観光地なのに、
バスもタクシーもなくて困りました。

地元の人は、
沢山人が来ると自然が壊れるので、
「観光地化したくない」と言っていました。

へぇ、そんな意見もあるのだなぁ、と
当時は珍しく感じたものです。

カナダでは他にも、
秘境を守りたいから、と
わざと車両を通さない地域もあります。

赤毛のアンのグリーンゲイブルズの周囲には、
アン(モンゴメリ)が名付けた
「恋人の小道」や「おばけの森」
「輝く湖水」が実際にあります。

当時は一人で訪ねて回ったのですが、
古い野生りんごの生る道を歩きながら、

「こんな所、実際住んだら退屈かもね」

と、他人事のように思ったものです。

まさかそれから十数年後に
同じような環境の土地に
暮らすことになるとは
夢にも思っていませんでした。

実は、わが家の周囲も
それとそっくりな場所があります。

欧州子育て日記 
うちの裏山です。

こういう世界は嫌いではありませんが、
わたしはやっぱり博多っ子です。
「テンチカ」のシャンデリアが恋しいです。

数年間は生活環境のギャップに
のたうち回るほど苦しみましたが、

子どもが生まれると、
私の生活は一変しました。

何もなくても楽しめる

そんな小さな幸せが
かけがえのないものになりました。

「テンチカ」を歩いていた頃には、
欲しくても
手に入れることができなかった、
お金ではどうしても買えない小さな幸せが

今ではひっきりなしに
私の腕を引っ張り、
私の腕の中に飛びこんできます。

人は自分の親も、国も環境も
選んで生まれてくると言いますが、
まだ幼い娘はここが大好きです。

ハイジのように野山をかけ回り、
家族のメンバーも
パパとママとパピーと自分(と謎の小人クルット)の
5人(笑)家族で当然と思っています。

彼女にとっても、
大好きな家族さえいれば、
あとは何もいらないのです。
(オレンジジュースはいるかもね。)

そんな娘と一緒に、
この夏から時々、
裏山をハイキングするようになりました。

欧州子育て日記 
今年は娘も大人顔負けに
どんどん歩くようになり、
親子でそんなアクティビティも
楽しめるようになりました。

子供連れでも
20分ほどで一周できるので、
最近は毎日のように歩いて
日課のようになっています。

欧州子育て日記 
森の中で、紅葉している
アイビーの葉を見つけました。

形が♡で、可愛いです。

この小道をがんばって湖方面に抜けると、
そこには「輝く湖水」もあります。
日によってコースが選べるのも良いです。

帰宅後は、
明日、幼稚園でお友達にふるまう
「お誕生ケーキ」を
ミミちゃんと一緒に作りました。

10時のおやつの時間に
みんなで一緒に食べます。

※こちらでは何故かお誕生日を迎える本人が、
 シャンパンやケーキを周囲にふるまいます。

本人主催のお誕生会ですね、笑。

欧州子育て日記 
夫が「なんだこりゃ」と笑っていましたが…。

ちなみに、去年のケーキはこちらです。


医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 
今すぐチャンネル登録する!

FBページ「欧州子育て日記」
今すぐ「いいね!」する!


FBの友達、フォロー大歓迎!
今すぐ友達申請する!
https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92

イラスト動画 "Draw My Life"
今すぐ動画を見てみる!

自己紹介
今すぐプロフィールをのぞいてみる!

===

健康レシピ配本のお知らせ

当ブログで紹介した「健康レシピ」を
近々まとめる予定です。
(無料・PDF送付・先着20名様)

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

スポンサーサイト
 カテゴリ

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。