マダムも通う大手薬局のオーガニックコーナー BIOレシピ☆ビオキッチンヨーロッパ

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • マダムも通う大手薬局のオーガニックコーナー BIOレシピ☆ビオキッチンヨーロッパ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

マダムも通う大手薬局のオーガニックコーナー BIOレシピ☆ビオキッチンヨーロッパ

マダムも通う大手薬局のオーガニックコーナー 
BIOレシピ☆ビオキッチンヨーロッパ

BIOキッチン☆ヨーロッパ
 
YOSHIKOです、

有機食品を紹介していると、
時々、何も知らない人から突然、
危険人物扱いされることがあります。

宗教?とただちに勘違いされ、

自然療法=西洋医学を否定

という偏った構図で受けとめられますが、

今日はその西洋ではどんな感じなのか、
少し紹介したいと思います。

先日、

ホメオパシーは疑似科学?

の記事でも紹介しましたが、
ヨーロッパでは普通に

大学病院で
ドクターが代替医療薬を処方して、
保険もききます。

今日はシャルルロワという
パリーブリュッセルの幹線沿いにある
ブリュッセル南空港近くの
大手薬局チェーンです。

BIOキッチン☆ヨーロッパ

いわゆる巨大チェーン店ですが、
中が広くて、
清潔なのが印象的でした。

BIOコーナーでは
スーパーと同じように、
オーガニック商品が
ずらりと並んでいます。

穀類やなど、
オーガニックショップでしか
手に入らない商品も
結構あって、

これが気軽に薬局で手に入るなんて…。

と、感動モノでしたよ♡

扱っていないのは
生鮮食品くらいでしょうか。

さて、こちらのお店には
上の写真の
BIOオーガニックコーナーとは別に、

ホメオパシーやジェモテラピー、
アロマテラピーをはじめとする

”自然薬品と食品”の
常設コーナーがありました。
良い感じでしょ?

BIOキッチン☆ヨーロッパ 
価格を比べると
一目瞭然ですが、

自然薬品は化学薬品に比べると
最低でも2倍とかなり高価です。

でも、ヨーロッパでは
伝統ハーブの人気が根強いことや、
西洋医学の限界をひと通り
見てしまったこともあって、

特に富裕層の間では
メディカルハーブを好む人が
増えています。

写真は人の少ない時をみて
撮っていますが、
老若男女、普通にこの環境で
買い物を楽しんでいる感じです。

BIOキッチン☆ヨーロッパ
  
もちろん薬局なので、
ひと通りのお薬なども
置いてあります。

今回のレポートではとりあえず、

ヨーロッパの人達は、
急性でドクターにかかるときと
そうでない時を、
上手に使い分けている

という風に
受け取っていただけたら幸いです。


医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 
今すぐチャンネル登録する!


FBページ「欧州子育て日記」
今すぐ「いいね!」する!



FBの友達、フォロー大歓迎!
今すぐ友達申請する!
https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92


イラスト動画 "Draw My Life"
今すぐ動画を見てみる!


自己紹介
今すぐプロフィールをのぞいてみる!
スポンサーサイト

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。