夏休みの思い出 ヨーロッパのお城でプラモデル展見学

欧州子育て日記 
 
YOSHIKOです、

先日のオーガニックショップの続きです。

この日は久しぶりに友人宅へ行きました。
日本での結婚式にも、ビジネスクラスで
夫婦揃って来てくれた友人です。

日本ではその後、福岡から北海道まで
一緒に鉄道の旅をしました。

お気に入りだったようで、
日本にとても興味を持ってくれています。

アイヌといえば、日本の先住民族、
縄文文化ですよね。
美人がとても多いのにも、
びっくりしましたよ!

日本民族博物館によれば、
縄文人はくっきり二重だそうで…笑。
男性もイケメンが多かったようです。

欧州子育て日記  
ベルギーも小さいようで広いので、
お互いに久しぶりの再会を
喜びました。

私たちが唯一、家族ぐるみで
おつきあいさせてもっている
友人夫婦です。

早速、お庭の鯉にエサをあげて、
ご満悦のミミちゃん。

そして…
どうしても目が釘付けになってしまう、
収穫したてのカラフルな野菜たち!

欧州子育て日記  
彼ら夫婦のプライベートの
ワインガーデンで育てられています。
野菜やワインのほか、
ハチミツや卵も自家製です。

有名なマリー・アントワネットをはじめ、
こちらではドクターなど
リッチな人たちは必ずと言ってよいほど、
余暇として農業を楽しんでいます。

むしろ農業に忙しくして
なかなか診療に出ないドクターのために、
私たちは2回もホームドクターを
変えなければいけなかったほどです。

友人夫婦もダンボールのテーブルから
新婚生活を始めたそうですが、
今は住宅を五軒以上
所有しています。

この辺りの 資産構築ロジック
見習うべきものがありますが、

ドイツ車の一方で、
トラクターも乗り回している
イメージでしょうか、笑。

日本でリッチといえば、
単に物質的価値を指しますが、
実は日本人の大きな勘違いであって、

もともと英語などラテン系言語では、
「ここは海も山もあってリッチ」
というような使い方もします。

私たちも、
人生にそんな豊かさを求めています。

お庭でのバーベキューを楽しんだ後は、
近くのお城へ一緒にお散歩へ
行きました。

欧州子育て日記   

ところで、道すがら
彼らがボランティア活動として
街を彩る「市民ガーデン」に
立ち寄りました。

この花、何の花だと思います?

どう見てもアザミなのですが、
直系が15cmくらいあります。


欧州子育て日記  

答えは…

アーティチョークでした!

この蕾が食用として流通しています。
中世では、この花の部分が媚薬として
高価に取引されていたようですよ。

さて、着いたEdingen城は
元々このEdingen(オランダ語でエディンゲン)
Enghien(フランス語でアンギャン)を治めた
もと領主さんのお宅でした。

お宅とはいえ、さすがヨーロッパ…。
敷地もかなり広いです。
現在は市民公園になっています。


欧州子育て日記 

場内では年間を通じ、
さまざまなイベントが開かれています。
この週末は「プラモデル展」でした。
入場料がお城の維持費になっています。

城内はすでに
お祭りの雰囲気です。

去年まではパパが手伝っていた
ヒヨコ釣り…
今年は寡黙に釣り続けるミミちゃん。

ヨーロッパでは典型的な
移動型遊園地です。

日本でいう屋台ですが、
観覧車やジェットコースター、
ゴーカート、メリーゴーラウンドなども
含まれます。

 欧州子育て日記 

さて、ここからは少し
プラモデル展の様子も
ご紹介しましょう!

  欧州子育て日記 

もちろん、すべて
本物さながらに動いています。

マニアックなファンがいるのも
うなづけますね!


欧州子育て日記 

そして、見事なまでに
作りがこまか~い!のです。

ヨーロッパ人は意外なことに
日本人並み、もしくはそれ以上に
手先が器用な人も多いです。

古代の工芸品など
見るとびっくりする位細かいです。
(実は所作にも細かいのですが…苦笑。)


欧州子育て日記  

こちらは室外の展示場です。
広場ではミニヘリコプターが華麗に舞い、

池では船のプラモデルが
悠々と泳いでいました。

改めて見ると、結構すごいですよね、
NATOの軍用ドローンも
結局はプラモデル機の
応用でしょうから本格的です。


欧州子育て日記  

広い場内は堀に併設された
Plage(プラージュ=浜辺)と名付けられた
日光浴できる場所から、
下のような本格トピアリーガーデンまで…

この日もかなり歩きましたよ~。
外国暮らしは体力勝負!?


欧州子育て日記  

最後は「ヒヨコ釣り」で
ふき目もふらずにゲットした
景品のギターで、
ノリノリのミミちゃんでした♪


欧州子育て日記 

今日はDavidパパとママのほかに、
大好きなJajaとMichelと
手をつないで公園を散歩して…

リッチな一日だったね、ミミちゃん!


医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 
今すぐチャンネル登録する!


FBページ「欧州子育て日記」
今すぐ「いいね!」する!



FBの友達、フォロー大歓迎!
今すぐ友達申請する!
https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92


イラスト動画 "Draw My Life"
今すぐ動画を見てみる!


自己紹介
今すぐプロフィールをのぞいてみる!


健康レシピ配本のお知らせ

当ブログで紹介した「健康レシピ」を
近々まとめる予定です。
(無料・PDF送付・先着20名様)

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com YOSHIKO宛


「身を糺(ただ)す習慣」への音声配布のお知らせ

当ブログで紹介した、日本古来より伝わる祝詞の中でも、強力な清めの作用があるとされる「大祓詞」中、長い間空白として封印されていた「天津祝詞の太祝詞事」を、近年、私共在野の祈り人に対して「読んで良し」とお許しが出たとのことで、以前三輪神社へ参拝し、ご縁を頂いていた私の元へもその知らせが届きました。(http://hikarinomirai.hatenadiary.com/entry/2016/01/27/131520

つきましてはこれを世に広め、朝夕の個々でのボランティア奏上に参加して頂くため、あなた用の祝詞台本と音声を無料配布させて頂きます。音声についてはあくまでも私がプライベートで録音するものであり、個人的試聴と謙虚な学びを目的とされる方のみに限りますが、希望される方は、以下のメールアドレスに「大祓詞希望」のタイトルで、予約希望メールをください。準備が整い次第、順次配布をしています。

→ 現在配布中です。予告なく配布終了する可能性もあります。お早めにどうぞ。

戦前までの日本で、祝詞やお経のひとつふたつは、たしなみとして、誰もが成人の儀までに教養として身につけることは当たり前のことでした。今でも道端の小さな祠の前で、立ち止まって手を合わせる人達は沢山います。祝詞にのせる祈りの言靈(ことだま)のエネルギーは、一説によればあなたの周囲20kmを清めるとも言われています。ヤマトの国「日本」に生まれた在野の祈り人は、数万人になると言われます。お金も一切かからず、必要なのは”あなたの有志”だけという、どの宗教団体にも属さない、あなたしか知らない、誰からの評価も求めない、独立した一人ひとりのボランティア活動です。ご興味のある方はお知らせください。ワンダラーの皆さん、一緒にがんばりましょう!

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com YOSHIKO宛
スポンサーサイト