子供部屋へのリフォーム 家具の移動 作業9日目 

8月7日 要3時間
欧州子育て日記 

YOSHIKOです、


今日こそ、いよいよ家具の移動です!
考えるだけでおっくうになる作業ですが…
山場と思って、がんばりましょう!


元の家は目の前ですが、
それでも2階→2階への移動作業なので
大変です。
何が一番大変かって…


どちらも古い家なので、
今ドキの家具がドアを通らない、笑!


二人で試行錯誤しながら、
ようやく完了です。
ちなみにベッドは
窓から出しました、笑。


西洋人=身体が大きい
というイメージがありますが、
実は最近まで、そんなことは
ありませんでした。


カナダのプリンスエドワード島の
赤毛のアンの家「グリーンゲイブルズ」を
訪ねて驚きましたが、
19世紀の人のベッドは本当に小さい!


前の家に、結局6年間ひとつも
ドアをつけてあげられなかった訳は、
実はそんなところにもあります。
現代の規格サイズが合わないのです!


ここはアルデンヌの森なので、
日本では高級百貨店でしか見られない
「ベルギー家具」なるものの
ズバリ生産地のど真ん中なのですが、


職人さんに頼む=ピュアオークでの
オーダメイドの意味になります。
ドア1枚でも6桁行くかもよ…。
事実、アンティークでもそれ位します。


オークは日本でいうなら、
きっと檜のような存在ですね。
世界中どこでも、白木というのは
格上となるようです。



欧州子育て日記 

グルーンハウスのトマトも
色づきはじめました!
緑色のトラ模様のトマトって
珍しいですよね☆


それでも甘くて、
とっても美味しかったです!


医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 
今すぐチャンネル登録する!

FBページ「欧州子育て日記」
今すぐ「いいね!」する!


FBの友達、フォロー大歓迎!
今すぐ友達申請する!
https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92


コテージ「ル・モンプレジール・セルフォンテーヌ」
今すぐ「いいね!」を押してヨーロッパの旅情報を受け取る!



音声配布のお知らせ

当ブログで紹介した、日本古来より伝わる祝詞の中でも、強力な清めの作用があるとされる「大祓詞」中、長い間空白であった「天津祝詞の太祝詞事」を、近年、私共日本人の在野の祈り人に対して「読んで良し」とお許しが出たとのことで、私の元へもその知らせが届きました。(三輪山よりhttp://hikarinomirai.hatenadiary.com/entry/2016/01/27/131520

つきましてはこれを世に広めるため、その音声を無料配布させて頂きます。あくまでも私がプライベートで録音するものであり、個人的試聴と謙虚な学びを目的とされる方のみに限りますが、希望される方は、以下のメールアドレスに「大祓詞希望」のタイトルで、予約希望メールをください。準備が整い次第、順次配布をいたします。

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com YOSHIKO宛
スポンサーサイト
 カテゴリ