ヨーロッパのBIOオーガニック専門ショップ紹介

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ヨーロッパのBIOオーガニック専門ショップ紹介

ヨーロッパのBIOオーガニック専門ショップ紹介

今日はいつも私が通っている
BIOオーガニック専門ショップを紹介します♪

場所はヨーロッパのフランス語圏で
フランスとベルギーの境界の町
トラピストビールで有名なシメイ市にある
BIOオーガニック専門ショップです。

お店の名前は"TOURNESOL"
フランス語で「ひまわり」の意味です。

レシピビオキッチンヨーロッパビオショップ

写真では小さく見えてしまうかもしれんが
実は、売り場が列車のように3連につながる
割と大きな建物です。

ここは国境の町なので
シメイ市内にいくつかある学校には
フランスからも生徒が通っているし

駐車場にはフランス・プレートの車が
ずらりとならんでいるほど
フランス人である彼らにとっても
シメイは身近な生活圏です。

ヨーロッパ、特にフランスはBIO発祥の地。

第一次産業がさかんな土地柄だけに
食べ物にはこだわります。


アルデンヌ高原の丘に登れば
緑の水平線が広がる大地に
偏西風を利用した白い風力発電の風車が
どこまでも遠く連なります。

だからここでは乳牛も肉牛も、

放牧されて草をはんでいるのは当たり前
時々、走っている牛を見かることもあります。

自然の中の牧場に放牧され、
しかも牧場は込んでいません。

…たまにこういう事はあっても。

ビオキッチンヨーロッパ牛君

牛くんたちはストレスのない環境で
ゆったりと一日を過ごしています。

そんな環境が地元の人たちの自慢です。

野菜でもお肉でも
地元産の美味しい食材をふんだんに食す、
それがフレンチベルギー観光の
魅力のひとつでもあります♪

ここの人達は、ここに当たり前にある
良い食材が手に入らない
というだけで、もっと稼げる出稼ぎや
引っ越しを嫌がります…。

現に若いころ、ベルギー空軍にいた義父は
カナダのケベック州で大農場主になる話も
ブリュッセルでサベナ航空で管制官をする話も
断っています…。

日本人には理解できない感覚だと思います。
そして私も、夫について
こんな田舎に暮らしています…。

そんな背景を持つフレンチ圏の人達なので
今では大手スーパーCarrefourなどにも
BIOコーナーが必ずあるほどですが

今回紹介するのは、
どの町の中心部にもひとつはあるような
典型的な町のショップです。

私が訪ねたのは土曜日のお昼頃でしたが
すでに結構な人で、ごったがえしていました。
お客さんがいらっしゃる所は
遠慮させて頂きましたが、

今回、特別に写真撮影の許可を頂きました♡

レシピビオキッチンヨーロッパビオショップ3

写真中にも少し写っていますが
日本によくあるビルの一室にあるような
「健康食品の店」とは
商品の充実度が違うことが分かると思います。

ひと言でいうなら、BIOショップというより
BIOスーパーです。

ここだけの買い物で生活できる?と思うくらい
新鮮な野菜、卵、お肉などの
BIOオーガニックの食品の他、

シャンプーや洗濯石鹸などの洗剤や
メイクアップ用品などの化粧品類、
薬局のようなサルピメント類、
BIOやヒーリング関係などの本、

さらに食器やアクセサリーや
コットン製品などの雑貨もあります。

いくつか他にもBIOショップは尋ねましたが
そこで共通していることは
BIOオーガニックの商品は
大手スーパーでは手に入りづらいので

割とみなさん、大きな段ボールBOXなどで
意気揚々と買いだめしていく感じがあります。

ヨーロッパでは、BIOオーガニックショップは

”リッチな人達が通う所”

だと言われますが、おそらくそれも
お客さん達が誇らしげに
買い物している理由のひとつでしょう。

現にひとつひとつの商品は割高ですが
角度を変えて考えれば

BIOオーガニック主体で生活すれば
余計なものを買わなくなるので
逆に節約になるかもしれません。

私もちょっと、考えてみます♡

X-POWER」でいきいき家族!
日本国内の数千家族が「健康習慣」実践中!
http://link-on.us/cchg
今すぐクリック!

シメイの観光情報が知りたい人はこちら
シメイビールについて知りたい人はこちらこちら
シメイ城について知りたい方はこちら
シメイのグラン・プラスについて知りたい方はこちら
スポンサーサイト
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。