「自分は知っている」と思った瞬間が退化 デイリーマインドセット60

欧州子育て日記 

Yoshikoです、



「無知」とは知識のないことです。

知恵のないことです。



それに対して「無知の知」は、

自分が未完成な状態であることを

自分はわきまえているという、

謙虚な心の状態です。



ギリシャの哲学者ソクラテスの言葉です。



なぜ「自分は知っている」と思った瞬間が退化なのか、

今すぐ中央の再生ボタンを押して、

音声を聞いてください。





Youtubeで聞きたい人はこちら


同じような言葉に、

『論語』では

「知るを知るとなし、

知らざるを知らずとなす、これ知るなり」があり、



また仏教では、

叡智の光に照らされていない状態を

「無明」と呼び、真理に暗く

迷っている状態のことを指します。



尊大な態度は時に、

大きな恥となることも

心にとめておきましょう。



自由に生きるための資産構築法

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 
今すぐチャンネル登録する!


特典のお知らせ

当ブログで紹介した「健康レシピ」を
近々まとめる予定です。
(無料・PDF送付・先着20名様)

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
Yoshiko宛に予約メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

スポンサーサイト
 タグ
None