軽食やランチにぴったり!とろとろチーズのパニーニ

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

軽食やランチにぴったり!とろとろチーズのパニーニ

軽食やランチにぴったり!とろとろチーズのパニーニ

欧州子育て日記 

Yoshikoです、


家にあったミニフランスパンを使って、
昼食用にパクっと食べられる
パニーニを焼きました。


<とろとろチーズのパニーニ>


チーズがとろっと溶けだして、
食欲をそそりるパニーニです。
ちょうどパセリがあったので、
みじん切りにして風味付けにしました


【必要な食材】1人分
・パン (食パンなら2枚・丸パンなら1個)
・バター 少量
・スライスハム 1
・チーズ 1枚
・トマト スライスしたもの
・パセリ 少量


【手順】
1.あらかじめパセリをみじん切りにしておきます。
2.パニーニの内側になる面にバターを塗ります。
3.パンにハム・チーズ・トマトなどの具材をはさみます。
4.パニーニ焼器で焼きます。
 (焦げ付かないよう注意!)


【おいしくするコツ・ポイント】
1.健康上の理由から、バターのマーガリンでの代用は厳禁です!
  風味付けにオリーブオイルを代用するお店もあります。
2.パンは食パン・丸パン・筒型など、形状は何でも良いです。
3.  スライスハムは生ハムでも美味しいです。
4.  トマトの他、玉ねぎのみじん切りなども使えます。
5.  ハーブはパセリでなくてもOK! 例えば小ねぎなど。


他のコンテンツでもお話したのですが、
書いてある材料や道具が揃わないと
「できない」と言い張る人が時々います。


例えば、パニーニを焼く器械なんて、
たまたま家にあるほうが珍しいのです。
クロックムッシュ焼器で代用しても良いし、
食パンなら、フライパンでも立派にできます。


手元になかったら、あるもので工夫しましょう!


医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 
今すぐチャンネル登録する!


健康レシピ配本のお知らせ

当ブログで紹介した「健康レシピ」を
近々まとめる予定です。
(無料・PDF送付・先着20名様)

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com
スポンサーサイト

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。