ジーパンとTシャツの似合う男〈女)になれ デイリーマインドセット44

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ジーパンとTシャツの似合う男〈女)になれ デイリーマインドセット44

ジーパンとTシャツの似合う男(女)になれ デイリーマインドセット44

欧州子育て日記 

Yoshikoです、


日本ではスーツを来ている人に
安心感を覚える傾向がありますが、
海外に出ると、収入の高い人ほど
カジュアルな格好をしています。


もちろん、親近感を持たせるため
ということはあるかもしれませんが、
基本的に人の目を気にする
必要がないというか、


自分に自信を持っているのだと
思います。


また、TVや雑誌に出ているような
本物のモデルさんたちも
プライベートでは
Tシャツとジーンズで移動しています。


今すぐ中欧の再生ボタンを押して
音声を聞いてください。






Youtubeで聞きたい人はこちら


それよりも大切なのは、
清潔感です。


カジュアルな格好をしていても
Tシャツにもジーパンにも
きちんとアイロンがかかっています。


これは海外では洗濯水が硬水で
シワがつきやすく、
またカルシウムで白が
グレーに変わりやすいこと、


また生地にシワがより易い
という海外事情もありますが、


靴下にまで、
アイロンをかけているケースも
珍しくないです。


よくカジュアルな格好をした人は
「どこの馬の骨か分からない」ような
見方をする人がいますが、


だからといって
身なりや肌の色を見て
自分より下、と決めつけて接すれば、
後で自分が恥をかくケースも多いです。


人を見かけで判断しない。


初対面の相手でも
常に自分より上と思って接することは、
人間としての基本です。


自由に生きるための資産構築法

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 
今すぐチャンネル登録する!


特典のお知らせ

当ブログで紹介した「健康レシピ」を
近々まとめる予定です。
(無料・PDF送付・先着20名様)

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
Yoshiko宛に予約メールください♪

biokitcheneurope@gmail.com
スポンサーサイト

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。