2018年05月の記事一覧

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原瑞穂の国、日本の神様(月讀命)に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

月別アーカイブ:2018年05月

2018年05月の記事一覧。日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原瑞穂の国、日本の神様(月讀命)に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

2018-05-28 古神道と天地自然の理
日本の神様 九の統スメル世界を司るククルスサノオとククリヒメ草場一壽 さんの記事よりhttps://www.facebook.com/kusabakazuhisa/photos/a.227252860742531.57443.226845384116612/1593184074149396/?type=3&permPage=1地球三次元と六次元の日月=陰陽を九×九る(統める)白山菊理媛。日本の母神独神である宇宙根源神の和魂(未申)、化身であらせられるので、同時に荒魂である日本の父神、九×九るスサノヲ(丑寅)とも...

記事を読む

2018-05-23 古神道と天地自然の理
闇に光を当てるために斉藤一治さんの記事https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1682289058529855&set=a.149529915139118.33253.100002463314419&type=3&theater 師が特攻隊員だったので(現在95歳)、彼がテーマの修士論文のために関係資料にあたって以来、 国にはお金のためなら国民をも裏切る、そんな一面があることを知りました。 かつて年頃の日本女性を海外輸出したり、ハワイやブラジルへの海外移民政策...

記事を読む

No Image

2018-05-22 未分類
私たちの住むアルデンヌの森を紹介します。ベルギーのワロン地方は、フランス王政時代の雰囲気を今も残しているため、正(血)統ケルトのガリアの伝統が色濃く残る土地です。またカナダのケベック州やアメリカのルイジアナ州などは、当時フランスだったワロンからの移民です。https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92/posts/2088834524478356地元に戻ってきました。今週はパピー(おじいちゃん)の誕生日ウィークエンド、とい...

記事を読む

2018-05-08 古神道と天地自然の理
 博多の筥崎宮松浦藩が後ろ盾となった橘三喜は橘姓を名乗りつつ吉田神道に学んでおり、私見で吉田家は、アーロン家ではないレビ族ではと思っていますが、彼が訳あって?格上げを図った壱岐(本来は男岳)の月読神社の御祭神は、里帰りで日本に再び現れたタカミムスビを祖とする「月神」様。今は遷座されたとのことで、現在いらっしゃるのはなんと結婚式を挙げた博多の「筥崎宮」。(たまたま地元の天満宮がGWで忙しかった!)...

記事を読む

2018-05-07 古代史研究
アミシャーブ認定の古代イスラエル十氏族の末裔候補一覧 日本の歴史を知りたいと望む方へのひとつの資料として、簡単ですが日本語訳をシェアいたします。(詳細説明はGoogle翻訳使用。)尚、古代イスラエル人が使用していたヘブル語・ヘブル文字は、日本語のカタカナにも似ていますが、シュメール語解読の#桂樹佑 先生により、シュメール語系統言語であると言うところまで分かっています。ですので、古代イスラエル人は現代...

記事を読む

2018-05-06 古神道と天地自然の理
ウバイド太陽神の翼と車輪を表す杏葉紋 画像転載:https://www.narahaku.go.jp/collection/728-5.html杏葉は奈良、三輪山のそばの前方後円墳(前円後方墳?)から出土していました。こちらもウバイド系海人族の太陽神の「翼」の意匠?と思ったら、たまたまかもしれませんが、金の鳳凰に繋がりましたね。ですが杏葉は騎馬民族の誇りでもあります。もしくは古代天皇の近衛騎馬隊。「花」は翼に加えて車輪の意味が加わったものと...

記事を読む

日本の神様 九の統スメル世界を司るククルスサノオとククリヒメ 

日本の神様 九の統スメル世界を司るククルスサノオとククリヒメ

33622892_1593184077482729_9067095558685982720_n.jpg

草場一壽 さんの記事より

地球三次元と六次元の日月=陰陽を九×九る(統める)白山菊理媛。
日本の母神独神である宇宙根源神の和魂(未申)、化身であらせられるので、同時に荒魂である日本の父神、九×九るスサノヲ(丑寅)とも一体の存在。対峙する人の霊格によって、現れ方や見え方が違うという話のようです。

一説には白の字は神を表し、新羅や城、ギリシアやマルタなどの地中海圏をも表しているとも言われます。日本神話とギリシア神話の類似については、古くから指摘されている通りですが、さらに北欧神話やケルト神話、中国の神話などともぼんやりと重なり、比較神話学の世界ではハーヴァード大学教授マイケル・ヴィツェルが指摘した「大陸(ローラシア)型神話」と呼ばれます。奇しくもスサノオもまた、新羅との関係が指摘される神です。

地域によって神々の名前や性格も違ったり、またそれぞれに習合しています。ただし、この類型はインドを起点としており、日本人の私が見るとインドの前にメソポタミアがあり、スメルがあり、その前駆文化となったのは精神性を重んじた日本人の祖の一派であるウバイドであるため、その欠如については大いに不満であり、21世紀を生きていく次の世代へ先祖の想いとその愛を、できるだけ日本人である私たち自身が解いて、子どもたちへと伝えることができるよう、日々学習を進めているところです。

さらに言えば、これらがインド・ヨーロッパ語源とかかわる「大陸型神話」であるからと言って、「新人」であるホモ・サピエンスの私たちだけに限られた神様であるとは私は思いません。アフリカの一部の部族をのぞいては、すでに現在の私たちには「旧人」であるネアンデルタール人やデニソワ人などと混血していることが、すでに生物科学の分野で証明されています。陰であるこの三次元物質現象界と、陽である六次元潜象界(素粒子の世界)を「統べる」意味での「九」を表す宇宙最高神は、ネアンデルタール(+おそらくデニソワ)の人々が祭祀したスペインの古い洞窟や、有名な「ラスコー」の壁画にも力強く刻まれています。

先の話と繋げて説明すると、もともとは「独り神」である宇宙根源神の化身である陰の女神は、日本では久々理媛や豊受大神、宇迦之御霊などと呼ばれる「母神」であり、陽の男神はスサノヲ、または国之常立神、などとも言われる「父神」、さらにその役割から「イザナギ」「イザナミ」とも習合している訳ですが、ここで母神である「菊理媛」だけが突如として『日本書紀』の第十に登場し、父神が隠された理由は、現代にまで続く政治権力にとって、日本列島に平和に住まう人々を急襲し、血の海と変えた都合の悪い過去の記憶を呼び起こすことになるからです。

しかしながら、大和朝廷において古くから「神祇伯」を務めた「白川伯王家」を抱える彼らもまた「弥勒信仰」「太陽(天照大神)信仰」を行う日月(ハタ)、つまり陰陽の民の末裔であり、縄文祖人の兄弟分であり、戦後70年を過ぎた今となっては、誰もがその両方の血を引いていることに違いはありません。

神様は八百万あれど、結局、天の神様は一人であり、同時に地上を生きる私たち一人一人であり、生きとし生ける自然界の八百万の万物との三位一体。これが日月(ハタ)、つまり陰陽の民の教えです。
 
それらを繋いでいるものが、もしかしたら光の素粒子の意識であり、また、地上では太陽と月が司る水の意識なのかもしれません。

記事執筆にあたり、
インスピレーションを頂きました
草場一壽さん、ありがとうございます。



スポンサーサイト
 タグ
None

闇に光を当てるために

闇に光を当てるために


33137390_1682289065196521_187721999622078464_n.jpg


斉藤一治さんの記事

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1682289058529855&set=a.149529915139118.33253.100002463314419&type=3&theater
 


師が特攻隊員だったので(現在95歳)、
彼がテーマの修士論文のために
関係資料にあたって以来、
 

国にはお金のためなら国民をも裏切る、
そんな一面があることを知りました。
 

かつて年頃の日本女性を海外輸出したり、
ハワイやブラジルへの海外移民政策、
戦争では最終的に14歳を特攻隊へ送ろうとしたり、
兵士には恐怖を消し去るための国産薬物、
 

現代のフクシマ原発事故も人災ですよね。
 

美しいふるさと、日本の国土が焦土と化すなら、

それが内側からでも、外側からでも、
戦争も、自然災害も同じことです。
 

でも、こんなこと、
できれば目を背けたい、
なるべく忘れてしまいたい、
事実ですよね。
 

それは自分への「劣等感」にも似て、
 

真正面から向き合って、
ありのままの自分自身を見ることが
本当は恐ろしくてたまらないように。


(私もそうです^^。)
 

だから昔から、ことわざがあるように、
「臭いものにはフタ」
「寝た子は起こすな」

の心理が無意識に動きます。
 

みんな自分だけは「大丈夫」と思いたい。
 

それはいくつになっても、
そして死ぬまで同じでしょう。
 

だから闇に気づいたとしても、
見て見ぬフリして時間をやり過ごして、
 

素朴な疑問を言葉にすることも
許されない雰囲気になってしまいました。
 

でも、


怖いと思っていたものは、
実は自分の影だったりする。

 

タブーじゃないのに、
タブーにしてしまう心理。
 

本当はそれ自体が、
すでに「闇」のはずです。
 

では、「闇」を消す方法はあるのでしょうか。
 

私は、隠さずに事実をありのまま、
認識することが
まずは第一歩なのかなと思います。
 

無意識のうちに
うやむやに済まそうとするから、
想像は妄想となって、
さらに一人でビビッてしまう。

 

あったことを、
 

「あった。」
 

「そういうことも、あった。」
 

そう認識するだけで、
もう隠す必要がなくなるのだから、
 

繰り返すことが
もう二度とないように。
 

株価操作のための戦争を、
美談で終わらせることのないように。
 

もっと良い日本の国を
次の世代へと引き継げるように^^。


FBオリジナル記事

https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92/posts/2090149581013517


インスピレーションを頂きました

斉藤一治さん、仙人さん、ありがとうございます。

 タグ
None

アルデンヌの森を紹介します。

  •  投稿日:2018-05-22
  •  カテゴリ:未分類
私たちの住むアルデンヌの森を紹介します。
ベルギーのワロン地方は、フランス王政時代の雰囲気を今も残しているため、
正(血)統ケルトのガリアの伝統が色濃く残る土地です。
またカナダのケベック州やアメリカのルイジアナ州などは、
当時フランスだったワロンからの移民です。

https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92/posts/2088834524478356

地元に戻ってきました。今週はパピー(おじいちゃん)の誕生日ウィークエンド、という訳で、パピーが大好きだったマレッツ大聖堂でのガーデンマーケットへ行ってきました。帰りは最寄りのセルフォンテーヌ空港で、いつも見えているセスナ機からのパラシュート観光の様子を一通り見学。

 

パピーが飛行機が好きだったので、よく一緒に来ていたのですが、あまりにも久しぶりだったので、家から車で4分ですが、ミミはもう忘れていましたね。
 

そんな気はしていましたが、2015年5月のディズニーランドが「入り」で、先日2年ぶりに参加したディズニーランドが「抜け」のサインだと思います。
 

私たちはひとつのサイクルを終え、家族の新しいステップを進もうとしています。「何気ない平凡な今日が人生のハイライト。」そんな日々をふたたび過ごせることに感謝です。ラストスパート、がんばります。





 カテゴリ
 タグ
None

陽の父神=男性性エネルギーのツキヨミ タカミムスビ・クニトコタチ・ククルスサノヲ・アラミタマ

日本比較神話学会 博多の筥崎宮

松浦藩が後ろ盾となった橘三喜は
橘姓を名乗りつつ吉田神道に学んでおり、
私見で吉田家は、アーロン家ではない
レビ族ではと思っていますが、

彼が訳あって?格上げを図った
壱岐(本来は男岳)の月読神社の御祭神は、
里帰りで日本に再び現れた
タカミムスビを祖とする「月神」様。

今は遷座されたとのことで、
現在いらっしゃるのは
なんと結婚式を挙げた博多の「筥崎宮」。
(たまたま地元の天満宮がGWで忙しかった!)

「筥崎宮」と言えば師の師の師、
山崎朝雲の「亀山上皇像」が奉納されているお宮、
私も日本彫刻の修士論文を奉納させていただきました。

そして「亀山上皇」と言えば、
元寇の折「敵国降伏」の扁額を筥崎宮に奉納し、
「神風」を呼んだ護国の象徴。

さらに「筥崎宮」の御神紋は
「水神」を表す三巴紋。
(ここでは右回転クオークのタカミムスビ)

「タカミムスビ」とは、
はじめての男性性を帯びたエネルギー。

という事は...、

正体が謎に包まれた月読命は、
クニトコタチや
男性神を統括する
(ククル)スサノヲのの化身(または子孫)でもあり、

純粋な陽の気に満ちた
男性エネルギーを表した
父神と呼ぶのにふさわしい
神様でもあるのでしょう。

 タグ
None

アミシャーブ認定の古代イスラエル十氏族の末裔候補一覧

アミシャーブ認定の古代イスラエル十氏族の末裔候補一覧

日本の神様 

日本の歴史を知りたいと望む方への
ひとつの資料として、
簡単ですが日本語訳をシェアいたします。
(詳細説明はGoogle翻訳使用。)

尚、古代イスラエル人が使用していた
ヘブル語・ヘブル文字は、
日本語のカタカナにも似ていますが、

シュメール語解読の#桂樹佑 先生により、
シュメール語系統言語であると
言うところまで分かっています。

ですので、古代イスラエル人は
現代日本人を構成する
先祖の一派としての関係はありますが、
その割合は決して大きいものとは言えず、

むしろ日本は古代から世界中の人々を受け入れ、
また私のように大陸へ旅立った人もあり、

特に現代を生きる私たちの状況は、
人類、皆兄弟と言っても
大げさではないと思います。

相手を仲間かどうか
「区別」しようとするのは、
私たち人間の習性です。

もともと、私たちの地球では
気候変動で大陸や列島の地形や
海岸線が変わっていたり、

当時はまだ今のような国境線も、
パスポートも存在していなかった訳で、

現代の私たちが考える以上に
古代人たちは縦横無尽に世界中を移動していて、
それだけお互いに混血も重ねています。

ですから、
学校の教科書で習わない内容に、
中には気を悪くする方も
いらっしゃるかもしれませんが、

これらの話を
「間違い」「でたらめ」と決めつけるのではなく、

どうかオープンマインドと、
人類への愛のあるあたたかい眼差しで、
地球上で紡がれた私たちの生命の繋がりを
うけとめて下さるよう、願っております。

とは言え、そんな私自身も、
留学先のカナダで
ドイツ系ユダヤ人の方に、

「先祖が一緒なんだって、知ってる?」

と声をかけられてびっくりし、

「良いんだよ、昔の話さ!」

といさめられた本人であることを、
隠さずに記しておきます。

それを自分で認められるようになるまで
少なくとも15年はかかりましたが、

これはイスラエル系の人々「だけ」でなく、
他の民族の人々に対しても同じです。

21世紀に入り、
DNA研究が飛躍的に進んでも、
私たちの遺伝子上の違いは、
その中のほんのわずかでしかありません。

===

アミシャーブ認定の古代イスラエル十氏族の末裔候補一覧

The Pathans, also called Afghans.
 アフガニスタンのパシュトゥーン人

(以下、Google翻訳)
アフガニスタン人、あるいはパシュトゥの息子とも呼ばれるパタン人は、イスラム教徒として今日も生きているが、彼らの古代の名 "イスラエルの息子"(ブネイスラエル)によって身分証明している。 古代の習慣やその他のデータは、ユダヤ人との明確なつながりを示しています。多くのパダンの名前は、イスラエルの部族の名前に似ています。例えば、Rabbani(Reuven)、Shinwari(Shimon)などです。 より浅い色合い、長い鼻、そして一部には青い目があります。 ほとんどのパタンは髭とサイドロックを生みます。 彼らは出生後8日目に割礼を行うという伝統を持っています。 彼らは長方形のフリンジな衣服を身に着けている。 パスタンはラクダの肉の馬を食べません。
一緒に調理された肉や乳製品を食べないという証拠がいくつかあります。
安息日は休息の日とみなされ、パパンは日を祝うためにろうそくに光を当てます。

The Kashmiri Nation in Northern India
 インド北部のカシミール人

(以下、Google翻訳)
多くのカシミールの研究者は、カシミールの住人のほとんどは、カシミールに到達して定住するまで、シルクルートをさまよった十部族の子孫であると信じている。 カシミール人は、安息日のためにろうそくを照らしたり、サイドロックやひげを育てたり、Magen Davidや他の人たちを展示するなど、数多くのユダヤ人の習慣を練習しています。 カスミミスは、春の祭りであるPascaを祝うために、暦を夏のカレンダーに合わせます。

The Karen people in Northeast Burma
 ビルマ北東部のカレン族

(以下、Google翻訳)
10人の部族の起源をたどるビルマ北部のカレン族(ミャンマー)は、
ヘブライ語の伝統と「Y-H-W-H」という名前に明確なつながりを持っています。

The Shinlung (Bnei Menashe) in Northeast India
 インド北東部のシンロン(ブーネ・メナシェ)

(以下、Google翻訳)
  Shinlungは、インドとミャンマーの国境にある山間部に位置し、マナセ族とエフライム部族の子孫であるという知識を含め、シオンとイスラエルの国家との明確な伝統を持っています。 シンロンの習慣の多くはユダヤ人の習慣と似ています。例えば、村の霊的なニーズや他のニーズに責任を持つ村には司祭が存在するなど、司祭は胸当てを着ました。 彼らは月のカレンダーを使います。 彼らは動物の血を食べることを禁じている。 シンロンは出生後8日目に割礼を行います。 彼らはレビアーテの結婚を練習し、もし相続人がいなければ、未亡人の夫の兄と結婚し、最初の子を彼の後に命名する必要があります。 月経中に女性は夫との接触を禁じられ、月経終了時には服を洗う必要があります。 さらにはるかに~。

The Chiang-Min Tribe in China
 中国の

(以下、Google翻訳)
チェンミン族は中国の北西部の四川省に住んでいます。 チェンは、キリスト教の影響が出る前に、G-3人を信じ、公的、国内的、または個人的な犠牲の捧げを中心に、特別な生活様式を生きました。 ユダヤ教と同様の他の習慣には、最初の果物が祭司に持ち込まれます。 家庭の安全を確保するために、血液をドアの上に振りかける。 男が死んだとき、彼の兄は未亡人と結婚する。 女性は彼女の髪を覆い隠さない。 男性と女性は一緒に踊りません。 チェンミンは50年間森林を閉鎖し、その後再開を記念する特別儀式を行います。

The Ten Tribes in Japan
 日本の十支族

(以下、Google翻訳)
  日本の島々は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教に触れていませんでしたが、現代まで偶像崇拝を続けました。 しかし、イザヤのイスラエルに戻ってくる "遠くの島の人" [イザヤ66,19〜20]の詩は、日本人、あるいは少なくとも一部が十支族の子孫であるという前提をもたらしました 多くの日本の伝統はユダヤ人の習慣に似ています。神社の寺院の構造は、すべての人が利用できるエリア、司祭だけがアクセス可能なエリア、大祭司のみがアクセス可能なエリアの3つの性格に基づいています。 日本の司祭の服や習慣は、ユダヤ人の寺院の衣服や習慣と同様です。 日本人は、ユダヤ人の習慣のように、純度や不純物、喪服や宗教的休日に関連した同様の伝統を持っています。

The Ten Tribes in Kurdistan and the Caucasus
 クルディスタンとコーカサスの十支族

(以下、Google翻訳)
  聖書とタルムード族の賢人は、ユダヤ人がイスラエルからメディアに追放され、カスピ海の南と西、黒海とカスピ海の間のコーカサス山脈を含む、クルディスタン山脈を含むことを示しています。 TalmudicとMishnaicの賢人との連絡のおかげで、ユダヤ人の遵守はこれらの地域の亡命者によって維持され、彼らはアッシリアの王たちによってイスラエルの国から追放された十支族の子孫であるという広範な口承の伝統を持っています。 彼らがクライデスの筆記者エズラの時代からベニヤミンの部族と仲間になっていた時代の伝統もあります。

Beta Israel in Ethiopia
 エチオピアのベータイスラエル

(以下、Google翻訳)
前述したように、十支族については3つの異なる状況があります。ほとんどがユダヤ教の徴候をもって東の異邦人として生きています。比較的少数の約50万人が、古代メディア(クルディスタンとコーカサス)と中央アジア全域で完全にユダヤ人の生活を送っています。ダンの部族につながる3番目に小さいグループは、書かれたトーラのみ。エルダド・ハダニに記録された伝統によれば、ダン族はユダとイスラエルの王国間の差し迫った内戦に参加することを望まず、イスラエルの国からエジプトへ移住し、ナイルに沿って継続したため、自発的亡命者になった多くの世代の世代がこの伝統を確認してくれました。私たちの時代には、Gaon Rabbi Ovadia Yosefは祝福され、聖なる記憶を持っていました。「これらのGaonimが信頼できる証拠と証言に従ってこの結論に達したことは間違いありません」エチオピアのユダヤ人はイスラエルに移住し、イスラエルの市民になった。

(参考資料・画像転載) 

THE BANISHED TRIBES OF ISRAEL, Amishav. (2018-05-06)


文責、著作権はYoshiko WERIONに帰属します。
インスピレーションを頂きましたムーサフルさん、
ありがとうございます。
 カテゴリ
 タグ
None

ウバイド太陽神の翼と車輪を表す杏葉紋

ウバイド太陽神の翼と車輪を表す杏葉紋

日本の神様 
画像転載:https://www.narahaku.go.jp/collection/728-5.html

杏葉は奈良、三輪山のそばの
前方後円墳(前円後方墳?)から出土していました。

こちらもウバイド系海人族の
太陽神の「翼」の意匠?と思ったら、
たまたまかもしれませんが、
金の鳳凰に繋がりましたね。

ですが杏葉は騎馬民族の誇りでもあります。
もしくは古代天皇の近衛騎馬隊。
「花」は翼に加えて車輪の意味が
加わったものと推察します。

日本の神様 

私たちが太宰府の地にいるのは、
大野城(「四王寺」山)「岩屋城の戦い」で
絶命した高橋紹運の菩提を護るためです。

それにしても、なぜ紹運はここに?

れはここ、旧「御笠」郡太宰府の地が、
北極星を表す天神アンの化身である
母神(菊理姫・乙姫など)を祀る
「宝満(竈門)山」に抱かれた聖地だからです。

(高橋家は宝満山城主でのちの立花家)

ローカルはグローバル。
たったひとつの事例研究から、
なんと世界が展開します!

日本ほど面白い国はありません。

※文責・著作権はYoshiko WERIONに帰属します。
 こちらの記事へのインスピレーションを頂きました
 籠谷道明さん、ありがとうございます。

 タグ
None
Copyright © 日本比較神話学会(旧日本ホリスティック教育学会) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>