古神道と天地自然の理のカテゴリ記事一覧

日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

カテゴリ:古神道と天地自然の理

古神道と天地自然の理のカテゴリ記事一覧。日本のことをもっと知りたい!と願ったら、日出る豊葦原の国、日本の神様に導かれました。ヨーロッパのフランス語圏=ガリア=正統ケルト=西のシュメール直系の地に移住した筆者が、東の地で日本古神道に受け継がれる、宇宙や自然界の秩序に基づいた縄文文化との共通項を発見!かけがえのない地球と私たち八百万の生命とが、千代八千代に共生するための叡智を、次の世代に引き継ぐための「日本再発見ブログ」です。

2017-08-17 古神道と天地自然の理
親友へのプライベートメール特別シェア YOSHIKOです、今日はプライベートメールを私の読者さん限定でシェアします。特別ですよ~、笑。親友(だと私は思っています)から久しぶりにメールが届きました。良い出会いがあったようですが、何でも繊細に悩んでしまうのが乙女ゴコロというものなので…、ちょっと偉そうではありますが、私の意見を書いて、返信しました。良い人間関係、そしてポジティブな状態をキープするためのちょ...

記事を読む

2017-07-30 古神道と天地自然の理
ドイツナチ軍時代の、ヒトラーの金塊またも発見! 画像転載:@Peoples_DigestYOSHIKOです、「ヒトラーの金塊」の話は都市伝説のひとつとして、密かに語られていたのは知っていましたが、真実だったなんて、本当に驚きですよね!FBでシェアした記事へのリクエストを頂きましたので、前回に引き続き、こちらも日本のみさなんにシェアしますね!今回もフランス語の記事でしたが、元記事はイギリスのDaily Mailでしたので、英語か...

記事を読む

2017-07-28 古神道と天地自然の理
私たちは銀河系外からの地球移民!?ノースウェスタン大学が発表画像転載:MILKY WAY GALAXY, NASA.YOSHIKOです、私たち人間は、今は地球に暮らしていますが、実は銀河系外から一旦地球に滞在している「宇宙旅行者」、または「地球移民者」かもしれない可能性がでてきました。「地球外生命体なんて、いないに決まってるでしょ!」そんな非難の声が聞こえてきそうです。「えーっ、そんな!バカなこと言わないで!」そんな悲鳴も聞こ...

記事を読む

No Image

2017-07-12 古神道と天地自然の理
全国各地の「祗園祭」のルーツは、なんと「ノアの箱船」だった!?画像転載:蘇民将来護符「八坂神社」http://www.yasaka-jinja.or.jp/event/gion.htmlYOSHIKOです、日本を代表する夏の風物詩と言えば、日本三大祭にも数えられ、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている「京都祇園祭」が有名です。日本全国で行われる「祇園祭」を代表し、絢爛豪華な山鉾が京都の街をねり歩く様子は、海外からの観光客にも人気です。「祇園祭」の見...

記事を読む

2017-05-01 古神道と天地自然の理
なぜ神道祝詞に、イザナギが特別扱いで登場するのか? No.4 画像転載:「天地開闢」Wikipedia私の感じる『祓詞』ともかくイザナギは日本神話に登場する一番最初の男神です。ちなみに日本神界には、イザナギとイザナミの前に、存在する神様がいらっしゃいます。それが天地開闢の際に現れたものの、恥ずかしかったのか、すぐに身を隠してしまった、「造化(ぞうか)三神」です。それは宇宙の根源の神である・天之御中主(アメ...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

親友へのプライベートメール特別シェア

親友へのプライベートメール特別シェア

欧州子育て日記 

YOSHIKOです、

今日はプライベートメールを
私の読者さん限定でシェアします。

特別ですよ~、笑。

親友(だと私は思っています)から
久しぶりにメールが届きました。

良い出会いがあったようですが、
何でも繊細に悩んでしまうのが
乙女ゴコロというものなので…、

ちょっと偉そうではありますが、
私の意見を書いて、返信しました。

良い人間関係、そして
ポジティブな状態をキープするための
ちょっとしたアドヴァイスのつもりです。

私も以前は小さなことで
クヨクヨと悩んでしまうタイプだったので、
彼女の言わんとすることが
よく分かるんですよね…。

何にでも「意味付け」を
探そうとしてしまうのが、
人間ですからね。

それでは、以下引用部分です♪

もし何かあなたの心に
触れる箇所がありましたら、
私も幸せ冥利に尽きます。

ーーー

◯◯さんへ、

嬉しいニュース、ありがとうございます^^!

つい数日前に◯◯さんのことを思い出していたところでした♪

※彼女は「この人は私にとって何だろう?」という風に
 悩んでいたようだったので ↓↓↓

すごい、素敵な出会いですね!!

人間的に引き合うのなら、
もうマインドで色々考えてもしょうがない^^!

2017年は春分から始まって、夏至、
そして先日のライオンズ・ゲート、
そして21日の皆既日食などなど。。。

何が特別かって、
私ですからまたマニアック入りますけど(笑)、

地球の周波数がどんどん上がっていて、
この春を境に、5次元の世界に入り始めたところなんです…。
(物欲・権力主義が好きな人はこのまま3次元に残ります。)

とは言っても、

意識とか、価値観の話ですけどね^^☆

これからは左脳より右脳、
直感とか、感覚の世界。

出会う人とは出会う代わりに、
共鳴しない人とは、
不思議と関わりが少なくなるそうです。

現に私の周辺では、
もう1年以上前から
そんな感じになってきてますね。。。

ということは、キーワード的に
「共感」とか時間の「共有」とかを大事にすることで、
恋愛でなくても、何かが育まれていくのかも
しれませんね☆

それと見返りを望まない関係というか。。。

それでも私はバリバリ夫には
見返りは望みますけども、笑。

「過去」とか「将来」は
もともと支配層が労働者に刷り込んだ
時間の概念なので、

「無い」と仮定すると、
※現に数学の世界ではそうなって来てますね、

「今」に集中することだけで、
自然に「未来」に繋がっていくし、

ぎゃくに「望む未来」を楽観的にイメージして、
(なんだか楽しい、幸せな、笑顔で、など)

それを力んで3次元的「念力」にするのではなく、

次の瞬間、

「ぱっ。」

と放す。笑。

これを繰り返す。

そうすることで、その「未来」が
「今」をも引っ張ってくれるそうです。

これが5次元領域での
引き寄せの方法です。

”心がなんだか温かい。”

そう感じた瞬間にすかさず
「私は毎日笑顔で、幸せです。」と言うように、
過去形で心の中で宣言することで、

それを不思議と自分も
信じられるようになってきます。

またどうしても「不安がよぎる」
という場合には、

私も時々やりますけど、
鏡を見ながら笑顔で10回
繰り返して宣言するとか、

これを「アファメーション」と言います^^。

人間の脳はどうしても
「万が一」を考えるようにできてますが、
この現代社会において…

そんな「まさか」な状況、

例えば、

次の曲がり角からライオンが出てくるとか、
橋を渡っていたら突然ユラッとするとか、

そんな状況は、ほぼありえません、笑。

用心した方が良いというのは
よく分かりますが、

だからってもう、余計なことは考えない^^!

自分で「妄想してるなっ。」って
その「畏れ」を手放せば良いんです。

一緒に笑い合ってる時間にフォーカスする。

この何の変哲もない、
日常そのものの風景が、
「幸せ」ですよね。

本当に、義父を見送ってから、
真剣に私達はそう思っているのですよ…^^。

だから娘が当たり前のように、
私達を笑わせてくれる瞬間に、すかさず

「幸せだなぁ!」って、
「意識」するようにしてます。

そうしたら、もっとその状態が
引き寄せられてくるんですって。

知ってます?
斎藤一人さんの(笑)天国言葉。

・幸せだなぁ
・豊かだなぁ
・楽しいなぁ
・ありがとう
・感謝してます
・ゆるします

など…

怪しいみたいに思ってる人もいますけど、
日本一のお金持ちには変わりないので、
私はビジネスという意味で、
色々参考にさせて頂いています。

グッズを買ったことはまだないですが。。。

ーーー

頂いた嬉しいニュースに、
私もなんだか、楽しくなってきました…!?

それでは、
本日も最後までメールを読んで頂き、
ありがとうございました。

21日の皆既日食タイムもお互い楽しく
過ごしましょうね^^!

今日も笑顔の楽しい一日です!

【幸魂奇魂守給幸給】
(さきみたま くしみたま まもりたまひ さきはへたまへ)
※古神道で唱えられる龍蛇神シリウス式
 エーテル体浄化の言葉です。

YOSHIKO

==========

自己紹介【更新しました!】
https://www.udemy.com/user/55833a833f6ee/

FBの友達、フォロー大歓迎です。
https://www.facebook.com/yoshiko.matsuda.92

FBページ「欧州子育て日記」

FBページ「日本ホリスティック教育学会」




スポンサーサイト
 タグ
None

ドイツナチ軍時代の、ヒトラーの金塊またも発見!

ドイツナチ軍時代の、ヒトラーの金塊またも発見!

gold 
画像転載:@Peoples_Digest

YOSHIKOです、

「ヒトラーの金塊」の話は
都市伝説のひとつとして、
密かに語られていたのは知っていましたが、

真実だったなんて、
本当に驚きですよね!

FBでシェアした記事への
リクエストを頂きましたので、

前回に引き続き、
こちらも日本のみさなんに
シェアしますね!

今回もフランス語の記事でしたが、
元記事はイギリスのDaily Mailでしたので、
英語からざっくりと要約します。

今回は、密輸中の貨物船が
当時、イギリスに見つかったために、
ヒトラー自身が沈没の
命令を下したもののようですが、

調べてみると、昨年、
ポーランドからも発見されていたという
記録がありました。

ナチ軍の特殊部隊や
科学者などは、
かつてのCIA以上に
特集能力開発を施したり、

アメリカもドイツも
第二次世界大戦中から
すでにUFOを作っていて、

日本に飛んできていたという
有名な話もあります。

DNA鑑定で別人と判明したため、
ヒトラー本人は、彼が持つ情報が
欲しかったアメリカにより、
本人はアメリカに送還されたとか、

南米に逃れたなどの噂も絶えず、

現在のドイツのメルケル首相のお母様も、
最愛のエヴァ・ブラウン女子の実妹、
グレーテル・ブラウンであることまでは
分かっているようですね。

そもそもヒトラーが影響を受けたのも
神聖卍と「逆向き」の
ハーケンクロイツが象徴している通り、

アッシリア・ローマ・アーリア系の
残酷系神秘主義、つまり
悪魔崇拝主義ですから、

元々画家を目指していたヒトラーが、
ふとしたことから政治に転身し、

さえない下級党員から
ナチ軍のリーダーに
のし上がるまでのストーリーは、

同じ芸術家として、
興味深いものがあります。

芸術家の一般的なイメージと、
ホロコーストの残忍さが
どうしても私の中で
結びつかないからです。

「ど・ど・どうして!?」

という、笑。

とはいえ、
ヨーロッパではナチ党の存在は、
当たり前のように現役で、

ちょうど今、世界中そして
日本でも復活中ですから、
いやはや、
 
「だって知らなかったもーん♪」

などと言って、
目が離してはいけません。

私は個人的に、
ナチ思想が現役であるという
ヨーロッパ人の政治感覚に
何より一番驚きましたけどね、笑。

つまり、

ナチ軍がユダヤ人を虐殺しては、
毛髪や油まで搾り取って
売りさばいていたように、

私たちは少なくとも
ユダヤ教やイエスを大弾圧した
古代ローマの時代から
何ら、変わっていないのです。

宗教戦争は間違いなく、
これまで一度も終結したことがない、と
個人的には考えます。

だからこそ、
彼らの弾圧から逃れて、

預言者イザヤに導かれ、
アークを載せたタルシン船が
落ち延びた東の国はどこなのか。

また陸路では
わざわざ10世紀近くかけてまで、
はるかシルクロードを通って
東の島国を目指し、

「秦氏」となって
「理想の神の国」を建国した
本当の古代ユダヤ人が、誰であるか。

世界の平和を考えた時、
私たち日本人に与えられた
役割は何かということに、

自ら気付けるというものでは
ないでしょうか。

タイトル:Treasure chest with £100MILLION of Nazi gold is found by a British crew in the wreck of a ship deliberately sunk by Hitler to avoid being captured

要約:100万ポンドのナチ軍の金塊発見!


(Google翻訳)
英国の宝探し団体の一団は、アイスランドの海岸に沈没していたドイツの貨物船から、ナチスの金に1億ポンド相当の金塊をを発見した。
英国に本拠を置くAdvanced Marine Servicesは、1939年に沈没したSS Mindenの郵便室に、南米の銀行から送られた、金と思われる有価金属を4トンを収容する箱を発見した。
この金は第二次世界大戦が始まった直後にドイツに向かい、1939年9月24日にアイスランドから南東に120マイルで沈没したときに、船に乗っていたものと考えられる。

・英国に拠点を置くアイスランド出身の宝探し隊員が「SSミンデン」に乗った箱を見つけた。
・この箱は、第二次世界大戦から金と思われる有価金属を最大4トン含んでいます。
・この金は、1939年に船が沈んだときにドイツに向かうと考えられていた。
・船舶の穴を切ってボックスを取り外す高度な船舶サービスを希望する。

ーーー

FBページ「日本ホリスティック教育学会」【新設しました!】

自己紹介【更新しました!】


===

「ヨーロッパ発!美味しいオーガニック料理のレシピ」をプレゼント!

当ブログで紹介したオリジナル・レシピを
近々まとめる予定です。
(約31レシピの電子ブック・先着20名様・無料 )

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

※現在、編集作業が遅れています。
 かなりのボリュームになりそうですが、
 少しお時間を頂戴していますので、
 ご了承ください。

===


 タグ
None

私たちは銀河系外からの地球移民!?ノースウェスタン大学が発表

私たちは銀河系外からの地球移民!?ノースウェスタン大学が発表

欧州子育て日記
画像転載:MILKY WAY GALAXY, NASA.

YOSHIKOです、

私たち人間は、今は
地球に暮らしていますが、

実は銀河系外から
一旦地球に滞在している
「宇宙旅行者」、

または「地球移民者」かも
しれない可能性がでてきました。

「地球外生命体なんて、
いないに決まってるでしょ!」

そんな非難の声が
聞こえてきそうです。

「えーっ、そんな!
バカなこと言わないで!」

そんな悲鳴も聞こえてきそうです。

そう信じている人には
申し訳ありませんが、

本日付けの今日の新聞記事に、
興味深い内容を見つけました。

すでに世界各国の大学に
研究機関が置かれていて、
軍も第一線で研究してるのに、

古代からヤオヨロズの精神を守る
一番宇宙的思想に近い日本人、

しかも庶民だけ
乗り遅れてもいけませんので、
念のためみなさんにも
シェアしておきす♪

要は私たち人間の身体の
構成物質の約半分は、
銀河系外由来であることが
判明したというものです。

フレンチ圏の記事ですが、
内容はイギリスの
「王室天文学会」からのものです。

ーーー
(引用:ココカラ)

タイトル:L’homme serait en partie constitué de matière intergalactique
日本語訳:人間は部分的に銀河間物質から構成されている。

(記事URL)2017-07-27
https://fr.metrotime.be/2017/07/27/actualite/lhomme-serait-partie-constitue-de-matiere-intergalactique/

(Google翻訳)
星天文学会の月刊誌に掲載された研究によると、
私たち人間を構成する約半分の部分は、
天の川銀河に由来するものであり、

残りは天の川銀河系外からの
材料で構成されていると結論づけている。

「私たちを取り巻く地球物質の半分は、
太陽系、地球、そして私たちのそれぞれは、
私たち自身の天の川銀河に由来するのではなく、
他の銀河から来ています」と、

Weinberg College of Artsと
Claude-AndréFaucher-Giguère 科学と
共同研究の著者が述べています。

原子の推進

研究者らは、
3Dコンピュータシミュレーションから、
超新星である終末星は爆発し、
非常に大量のガスを
放出することを実証しました。

これはある銀河から
別の銀河に原子を推進する現象です。

米国のノースウェスタン大学の
DanielAnglés-Alcázar氏は、
次のように述べています。

「この銀河物質の多くは、
他の銀河からの強い風によって
追い出されたものです。

数億年かかった銀河風による
この物質移動は、この研究によると、
大きな銀河の材料の
50%の源になると考えられる。

「この研究は、
ビッグバン後の銀河の形成についての
我々の理解を変えている」と
Claude-AndréFaucher-Giguèreは述べている。

"宇宙旅行者"

一般に受け入れられている理論によれば、
140億年前のビッグバンの後、
宇宙は水素やヘリウムなどの軽元素からなる
一様なガスで満たされました。

数百万年後、この原始ガスは
凝縮して星や銀河を形成しました。 

「私たちが訓練した資料の中には、
他の銀河から来るものもあるので、
宇宙旅行者や銀河系外の
移民だと考えることができます」と
DanielAnglés-Alcázar氏は言います。

(引用:ココマデ)
ーーー

以下は「王室天文学会」からの
元記事です。

タイトル:Milky Way’s origins are not what they seem

日本語訳:銀河系の起源は、予想と違っていた

(記事URL)2017-07-27

(Google翻訳)
最初の種類の分析では、ノースウェスタン大学の天体物理学者は、これまでの標準的知識とは異なり、私たちの天の川銀河の問題の半分までが遠方の銀河から来るかもしれないことを発見しました。その結果、私たちひとりひとりは、銀河系外の物質から部分的に作られるかもしれません。数百万時間の連続計算を必要とするこの研究は、7月27日に天文学雑誌の月刊誌に掲載される予定です。

研究チームは、スーパーコンピュータのシミュレーションを用いて、銀河系(私たちの銀河系を含む)が銀河間転移の問題をどのようにして獲得したかについて、大きく予想外の新しいモードを発見した。このシミュレーションでは、超新星爆発が、銀河から大量のガスを放出することで、原子が強力な銀河風によって銀河間で輸送されることが示されています。
 
銀河間移動は新たに同定された現象であり、銀河がどのように進化するかを理解する上で重要であることが示されています。
 
「私たちが形成した問題のどれが他の銀河から来たのかも知れば、宇宙旅行者や銀河系外の移民と考えることができます」と、ノースウェスタン宇宙物理学センターのポスドク研究員であるCIERA(学際研究センター研究を主導した天体物理学の研究)。

「銀河系の大部分は、強力な風に追い出され、銀河間空間を旅し、最終的には銀河系の新しい家を発見する前に、他の銀河にあった可能性が高い」
 
銀河はお互いから遠く離れているので、銀河の風が毎秒数百キロメートルで伝播するにもかかわらず、この過程は数十億年にわたって起こった。
 
Claude-AndréFaucher-Giguère教授と彼の研究グループは、銀河系の後に現実的な銀河の3Dモデルを作り出す洗練された数値シミュレーションを開発したFIRE(現実環境でのフィードバック)プロジェクトの共同研究者ビッグバン直後から現在までの形成その後、Anglés-Alcázarはこの豊富なデータを掘り起こし、銀河が物質を宇宙からどのように獲得するかを定量化する最先端のアルゴリズムを開発しました。
 
Weinberg芸術科学大学の物理学と天文学の共同執筆者であるFaucher-Giguèreは次のように述べています。「この研究はビッグバンから銀河がどのように形成されたかの理解を変えます。
 
「この新しいモードが意味することは、太陽系、地球、そして私たち一人一人を含め、私たちの周りの原子の半分までが、私たち自身の銀河からではなく、他の銀河から、百万光年離れている "と彼は言った。
 
研究チームは、シミュレーションで物質の複雑な流れを詳細に追跡することによって、小さな銀河からガスが星を形成する銀河などの銀河に流れることを発見しました。銀河風による質量の移動は、より大きな銀河では物質の最大50%を占める可能性があります。
 
「われわれのシミュレーションでは、天の川銀河の星の起源を辿り、銀河自体に固有の物質から形成された星か、以前は別の銀河に含まれていたガスから形成されたものかどうかを調べることができた」と、 Alcázar、研究の対応する著者。
 
銀河では、星は結びついています:共通の質量中心を周回する星の大集合。 14億年前のビッグバンの後、宇宙は一様なガスで満たされました。星はなく、銀河はありませんでした。しかし、ガス中には小さな摂動があり、これらは重力によって成長し始め、ついには星や銀河を形成しました。形成された銀河の後、それぞれは独自のアイデンティティを持っていました。
 
「私たちの起源は以前考えられていたよりもはるかにローカルではありません」とCIERA会員のFaucher-Giguèreは述べています。 "この研究は、私たちの周りのものが空の遠くの物体にどのようにつながっているかを感じさせます。
 
この発見は、銀河形成を理解するための新しい研究ラインを開くと、研究者らは言う。そして、銀河間移動の予測が今ではテストできる。北西部のチームは、ハッブル宇宙望遠鏡と地上観測宇宙機を使ってシミュレーションの予測をテストする観測天文学者と協力する予定です。

 タグ
None

全国各地の「祗園祭」のルーツは、なんと「ノアの箱船」だった!?

全国各地の「祗園祭」のルーツは、なんと「ノアの箱船」だった!?


画像転載:蘇民将来護符「八坂神社」

http://www.yasaka-jinja.or.jp/event/gion.html


YOSHIKOです、


日本を代表する夏の風物詩と言えば、

日本三大祭にも数えられ、

ユネスコ無形文化遺産にも登録されている

「京都祇園祭」が有名です。


日本全国で行われる「祇園祭」を代表し、

絢爛豪華な山鉾が京都の街をねり歩く様子は、

海外からの観光客にも人気です。


「祇園祭」の見どころといえば、

八坂神社が主宰する

「神神輿渡御」(御神幸)に合わせた、


717日(神幸)

724日(還幸)の

「山鉾巡行」でしょう


中でも724には、

氏子である「花傘連合会」主宰の

「花傘巡行」が行われ、


かつて徳川家の調度品であったという

「重要有名文化財」である山鉾が神幸し、

「祇園祭」は最高潮を迎えます。


ところで「祇園祭」の起源については

諸説ありますが、

八坂神社による公式解説では、


1,100年前に疫病が流行った際、

八坂神社の祭神であり、

自然災害や疫病の神である牛頭天王

(スサノオノミコト)を鎮めるために、


神へ祈りが届くよう、66本の鉾を立てて、

「祇園御霊会」を行ったのを

起源としています。


ところが、


祇園祭山鉾連合会の理事長さんは、

こんな話をしているのです。


ーーー


祇園祭というそのお祭りのしきたり

あるいはその縁起


もう間違いなく

ユダヤの文明と同じ形態と

経過と結果を持ったお祭りです。


ーーー


ここで指すユダヤのお祭りとは、


「シオン祭」つまり、


717日の方舟の着地を祝ったという


「ノアの方舟」伝承にまつわる


「謝恩祭」のことです


「シオン祭」も「祇園祭」も

約1ヶ月も続く、

何かしら「重要」な祭りであることは

確かであり、


「祇園祭」では最も大きな曳山のことを

「大船鉾」と呼んでいます。


※「祇園祭」に登場する

 『旧約聖書』や、

 エジプトの図柄が描かれた

 エキゾチックなタペストリーについては、


 建国の比較的新しい

 ベルギー製であることが分かっており、

 直接の関係は無いようです。


そして京都だけではなく、

日本全国各地で催される「祇園祭」も

基本的にはこの様式に倣っています。


日本の「山車」文化の

総本山のようなお祭りなのです。


私の故郷近くの博多でも

「博多祇園祭」が行われますが、


5弁の花びら紋と

出雲系亀甲紋の神紋を持つ

「櫛田神社」で行われる

「水」のお祭りです。


他にも伝統的な「シオン祭」としては、

個人的に興味深いのが、


四国にある「アーク伝説」で有名な

剣山の剣山神社本宮大祭でも、

7月17日に御神幸をすることです。


また京都の八坂神社では、

「祇園祭」の期間中、

『旧約聖書』の「出エジプト記」の

過ぎ越しの物語と似た、


スサノオにまつわる

「蘇民将来子孫成」と書かれた護符が、

頒布されます。(参考:上の写真)


実はこの「蘇民将来護符」は、

牛頭天王の別名を持つ

スサノオを祀る神社で、


陰陽道の祖として有名な

安倍晴明が魔除けとして用いた

「五芒星」と共に用いられることが

多いのです。


シュタイナーのいうエーテル体の

エネルギーを表す「五芒星」は別名、

知る人ぞ知る「シリウス紋」としても

言われています。


画像転載:晴明紋 Wikipedia


そして「蘇民将来」は

「金神」と同様、

陰陽道では「鬼門」を守護する

方位神を指すこともあります。


えっ、金神様?


「艮の金神」と言えば、

確か前回の「鞍馬」で取り上げた

「偉大な指導者」、


サナート・クマラの

別次元神でしたよね?


『日月神示』の大國主尊でもあり、


またスサノオや、

瀬織津姫の上位神(ハイヤーセルフ)

という説もあります。


そして何と、

京都八坂神社の「荒御魂」が、

実は瀬織津姫とも

伝えられているんですよね。


こればかりは「日本史」学会で認められる
「正史」というより、
あくまでも民俗的な立場から見た
「民間伝承」にしか過ぎません。


それでも、


故郷の「博多祇園祭」のある

「櫛田神社」の神紋のひとつが、

「五弁=五芒星」であり、


別の神紋が出雲系

「亀甲紋=六芒星」であるように、


※六芒星=シュタイナーのいう

     アストラル体の流れ


これらの神様に共通するのは

「水」というキーワードであり、


典型的な縄文神である、

「シリウス式根源神信仰」

にあることです。


そして博多山笠でも

「清(きよ)い水」という

清めの水が重要な役目を果たします。


京都は秦氏を中心とした「天孫系」、

つまり古代イスラエル人の

都のはずなのに、


「上賀茂神社」

「下鴨神社」

「貴船神社」

そして「八坂神社」でも


国津系縄文神とおなじ

「シリウス」のキーワードが

出てきましたね?


「天津系(イスラエル系弥生人)」と

「国津系(日本土着の縄文人)」、


いくら古代から現代まで、

日本で、そして世界での

隠れた権力争いが続いていても、


やっぱりルーツもしくは

背景文化は同じものでは?と

思ってしまう私でした。


せっかくこの夏、

日本全国各地で「祇園祭」があるのに、

日本人がその意味を知らないなんて、

なんだかもったいないですよね?


日本国内限定の

ドメスティックワールドに

どっぷり浸かって

「そんなはずはない!」と叫ぶより、


一度、自分の目で

世界を観てみませんか?



 タグ

なぜ神道祝詞に、イザナギが特別扱いで登場するのか? No.4

なぜ神道祝詞に、イザナギが特別扱いで登場するのか? No.4

欧州子育て日記 
画像転載:「天地開闢」Wikipedia

私の感じる『祓詞』

ともかくイザナギは
日本神話に登場する
一番最初の男神です。

ちなみに日本神界には、
イザナギとイザナミの前に、
存在する神様が
いらっしゃいます。

それが天地開闢の際に現れたものの、

恥ずかしかったのか、
すぐに身を隠してしまった、

「造化(ぞうか)三神」です。

それは宇宙の根源の神である

・天之御中主(アメノミナカヌシ)

そして、

高御産巣日神(タカミムスヒ)
神産巣日神(カミムスヒ)

の三柱です。

 ※神道では基本的に神様を柱で数えます。
  これについては長くなりますので、
  また別の回で。
  今話題の「ライトワーカー」という
  言葉にも関係してきます。

この三柱は神話の世界では、
いわゆる「暇な神」のひとつとも
例えられます。

が、

彼ら「神々」は、
宇宙に存在する電磁波の中でも、

この三次元物質界である
「現界」に生きる私たちには、

認識できない周波数(波動)に
存在しているために、
姿形が見えません。

この周波数の違いを、
数学と量子論の世界では、
「次元」と表現することも
あります

私達三次元に生きる
私達には知覚として
認識できなくても、

たまに遺伝的に、
私達人間の平均的な
「可視領域」「可聴領域」を
超えて、

視たり聞いたりする人がいます。

だからと言って、
彼らの言うことを
「嘘」と片づけるのは
短絡的なのであって、

この辺りの重要性を
ちゃんと把握していたのが、

いわゆる「サイキック」を
実際に育てていたCIAや、
日本なら陸軍中野学校
などですね。

もちろんロシアや中国をはじめ、
他国でもそうだと思います。

「陸軍中野学校」は
実際に名称を変えて、
現在も日本国家に存在しています。

「軍」というのは、
最新ハイテク技術の宝庫ですから、
まぁ、当然といえば当然の話で、

ちゃんと国家予算が
かけられている訳です(笑)。

ですが「サイキック」の目覚めは
「松果体」の活性化が欠かせません。

これらの事を公にしてしまえば、
各国が、

国民総サイキック状態(笑)

になってしまい、

せっかく長年かけて
義務教育した
国民の価値観が変わってしまうので、
国民のコントロールができません。

隠したい事もすぐにばれてしまって、
各国はお互いに、
戦争もできなくなります。

だからこそ、世界中で

「スピリチュアル=怪しい」という
表面的な価値観を
政治的に国民に植えつけ、

 ※確かに悪用する人が
  絶えませんからね。

要は洗脳して、
なるべくその存在を気付かないまま、
穏便に一生を終えるように
大人しくしてもらっています。

話を戻します。

だからそういう「隠れた」神々は
自分で電磁波の周波数をコントロールして、
三次元に一度は降りてみたものの、

そのあまりの重さと粗さに
耐えられず、
上にいることにしたのでしょう。

それでも
『旧約聖書』のヤハウェの主張通り、

「私は在る。」

という事でしょう。

そんなちょっと変わった、
でもちょっと科学的な
目で見てみると…

神様の主張だけに、
そう簡単に
ないがしろにもできませんので(笑)、

神様は実在している存在と
このブログでは仮定することにします。

ただし、崇めるというよりは、

もっと親しみを込めて、

隣りにいてくれる存在という

イメージが良いと思います。

というのも、

神様方はあまり、
あがめられるのは
好まないようです。

確かに、ピラミッド型でいう
「神坐」「王座」「権力者」に
なってしまうと、

結構、孤独ですからね(笑)。

この「造化三神」のうち、
タカミムスヒと、カミムスヒは、
「独り神」と言って特に
性別はないのですが、

いわゆるイザナギ・イザナミのように、
ペアとなって生命育成の「ムスヒ」を
司る神様です。

オス・メスの決まっていない
カタツムリのような
ものでしょうか。

相手に出会ってはじめて、
役割を決めるという…(笑)。

「正史」とされる
『古事記』『日本書紀』は、
かなり当時の権力者寄りとも
語られますが、

それら「記紀」によれば、

「独り神」は他に4柱あり、

これらの神様がもっと
私たちの三次元物質界の近くに
降りて来られた時、

彼らは次第に性別を持つ
二極化した存在となり、

5組の男女の神達が
表れたとされています。

その一番最後(地球の3次元)に
表れたのが、

イザナギとイザナミです。

二人は初代神武天皇の先祖と言われ、
「天の浮橋」に立ち、
矛で海をゴロゴロとかきまぜて
オノコロ島を作ったという、

「国産み」の神様です。

ここで、

なぜイザナギが必ず登場するのか?

というクエスチョンの
半分が、

『旧約聖書』のカバラ、
いわゆる

「生命の樹」システム

を応用することで解けます。

欧州子育て日記 

画像転載:「生命の樹」Wikipedia

『生命の樹』はあらゆる事象の
モデルになりえる「テンプレート」として
知られます。

ここで、この図形を
「電磁波領域」また「次元」として
読み解いていくと、

「生命の樹」の単位である
「セフィラ」のうち、

最下にある「王国(マルクト)」こそ、
「肉体」を持つ私たちの生きる
三次元物質界である、という
意見があるのです。

えっ、じゃあ一番下を
3次元だと仮定すると…

確かに最近の量子論でも、
「超ひも理論(超原理論)」や
「M理論」などで、

この宇宙は、
10次元・11次元・13次元・・・

と少しづつ、
数が増えてきていますから、

そういう考え方も
アリかもしれませんよね。

要は、性別のない高次の存在が
私たちの世界に姿を表すまでには、

電磁波の周波数領域の違いを
くぐり抜けて、
周波数を粗くすることで、

「実体化」する作業が
必要になるという考え方です。
(聖書用語なら「受肉」です。)

そして、この

「棲み分けシステム」に注目です。

上下と仮定してしまうと、
やはりピラミッド型に
なってしまうのかもしれませんが、

ここではあえて「地図」として
読み解くことにしましょう。

私達「生命」は、
プラトンの『イデア論』を採用すると、
鉱物・植物・動物をはじめ、
天体や、この「宇宙」さえも含まれます。

私達は個体として成長もしますし、
同時に「意志」をもっており、

精神的、そしてスピリット的にも
成長・進化・向上すると
言われています。

そして、その成長の過程を
テンプレートとして現したものが、
この『生命の樹』なのです。

実は、神様が自ら存在を主張する(笑)、
高次の電磁波領域には、

私たちが神社でお参りする時にも
あてはまる、

超厳しい
「テリトリーシステム」があるのです。

…次回へ続きます。

(PR)こちらもおすすめ!
========================
主食はニンニク
今すぐクリック!

子供の日本語教育にかなり役立っています。
今すぐクリック!
========================

医食同源オーガニックレシピ☆BIOキッチンヨーロッパ 

FBページ「欧州子育て日記」

FBページ「日本ホリスティック教育学会」【新設しました!】

自己紹介【更新しました!】


===

「ヨーロッパ発!美味しいオーガニック料理のレシピ」をプレゼント!

当ブログで紹介したオリジナル・レシピを
近々まとめる予定です。
(約31レシピの電子ブック・先着20名様・無料 )

希望される方は、以下のメールアドレスに
「健康レシピ希望」のタイトルで
予約希望メールください♪

biokitcheneurope(あっとまーく)gmail.com

※現在、編集作業が遅れています。
 かなりのボリュームになりそうですが、
 少しお時間を頂戴していますので、
 ご了承ください。

===
Copyright © 日本ホリスティック教育学会 フランス伝統の家庭ハーブ・レシピ  All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。